あなたにとって、
2019は年どんな年でしたでしょうか・・・?

 

 

会社の上司にガミガミ言われるのを
耐える毎日だったかもしれません。

 

特に代わり映えのしない毎日を
なんとなくモヤモヤして過ごしていたかもしれません。

 

「あ〜おもったより頑張れなかった」と
悔しい思いをしているかもしれません。

 

「最高の1年だった!」と
胸を張って言える1年を送れたかもしれません。

 

去年の年末に「飛躍の年にしよう」と決めたのに
あまり成長を感じられなかったかもしれません。

 

4年付き合ってた彼女に振られたかもしれません。
(いや、それぼく〜)

メリークリスマス!〜4年付き合ってた彼女にフラれました〜

 

 

 

まぁ今年がどんな年だったにしろ、

2020年最高の年にしようぜ!

 

 

 

あなたはクヨクヨ悩むタイプでしょ?

いつも年末に、
来年こそは・・・って思ってるでしょ。

でも、毎回、
代わり映えのしない1年を送ってるでしょ。

 

あのときこうしてたら・・・って。

なんでもっと頑張らんかったんや俺!・・・って。

歯をギリギリさせてるでしょ。

 

すごくわかります。

僕はずっとそうだった。

 

今年こそチャンスがあるかも・・!

とか期待して、

でも何もなく1年終わって。

 

それを毎年繰り返してた。

 

繰り返してるうちに、

自分の人生を諦めそうになった。

 

底辺の自分は、

一生変わることができへんのかなって。

 

 

テレビに映る同い年の、

俳優、ミュージシャン、アスリート。

 

彼ら(彼女ら)の才能に嫉妬した。

 

 

才能を持って生まれたら

人生どうなってたんだろう。。?

 

そんなとりとめのないことを

ぼんやりとよく考えた。

 

 

「一度きりの人生!」

みたいなフレーズをよく聞く。

 

そんなこと言われなくてもわかってる。

 

たった1度きりの人生なのに、

何をしたらいいのか、何をしたいのか、

それがわからないから悩んでいるのだ。

 

 

同級生が普通に就職していくのを見て

なんだか怖かった。

 

これから40年も会社で働き続けるのだ。

 

 

それを望んでいるというよりは、

どこか諦めている、

そんな風にしか見えなかった。

 

 

「人生最後のバカできるチャンス」

とか言って卒業旅行の計画立てる奴らをみて

僕は心底ゾッとしたね。

 

彼らはもう
会社に一生身を捧げることを決めているのだ。

 

自分から首輪に繋がれることを望む

飼いならされた犬だ、と思った。

 

 

今までヤンチャしてたやつが

「俺ももう現実見ないとな」

って言ってるのを聞くとなんだか悲しくなった。

 

 

1年前は、

「社長になろうぜ!」

「はっちゃけた人生送ろうぜ!」

とか冗談で言い合ってたのに。

 

 

現実とは?

 

これについてはたくさん考えた。

 

 

就職するのが現実なのか?

社畜になるだけが現実なのか?

それ以外は現実じゃないのか?

 

 

世間の言う現実なんて、

お前にとって都合のいい現実

なんじゃないか?

 

 

・・・・・・・・・

 

 

僕は当たり前のことに気付いた。

 

就職したくないなら、
就職しなければいい、

ということ。

 

会社を辞めたいなら
辞めればいい、

ということ。

 

離婚したいなら、
離婚すればいい、

ということ。

 

 

あなたの悩みを解決するには、

それが一番の解決策だ。

 

嫌ならやめればいい。

 

 

後悔しない1年を送るためには、

「捨て」なければならない

 

 

あれもそれもこれも全部取ろうとしてはダメだ。

 

 

人が使える資源は限られている。

お金、時間、労働力、

これらをどこにどう使うか?

 

人生は、
この資源の使い方で決まる、
と言っても過言ではない。

 

 

会社は辞めたいけど、
親や彼女の目が気になるから辞められない。

 

家に帰ってきたら疲れてすぐに寝てしまう。

だからビジネスの作業は全然取らない。

 

給料が少ないことを言い訳に、
自己投資するお金を捻出しない。

 

 

こんな人は、

どうやったって人生が変わらない。

 

 

資源を全く使えていないし、
あれもこれも全部取ろうとしすぎだ。

 

 

親や恋人からの評価を下げずに、

上司からの評価を下げずに、

自分の時間を削らずに、

飲み会のお金を削らずに、

成功したい。

 

 

そんな都合のいい夢を見ていいのは

中学生までだと思う。

 

 

何かを得るということは、

何かを捨てるということなのだ。

 

 

会社を辞めるということは、

周りからの評価を捨てなければならない。

 

もしかしたら、結婚を破棄されるかもしれない。

そうなれば彼女との関係を捨てることになる。

 

 

ビジネスの作業をするということは、

趣味に使っていた時間を捨てるということだ。

 

 

ビジネスの勉強を本気でするということは、

大好きな飲み会や浪費していたお金を

自己投資に変えていくということだ。

 

 

 

あなたは「捨て」れるだろうか?

 

 

「そんなことできない・・・!」

と思われるかもしれない。

 

 

それはそれでいいと思う。

捨てられないのなら、
変な夢は見ないことだ。

 

 

自己啓発やスピリチャルにハマってる人は

タチが悪い。

 

 

人生がよくなる・・・!

と信じてやまないが、
行動しないから何も現実が変わらないのだ。

 

 

自己肯定のために、

自己啓発を利用している人が
あまりにも多い。

(ちなみに僕も安心感を得るために、
自己啓発にドップリハマっていた時期がある)

 

 

 

でも、

あなたがもし「現実」を変えたくて、

そのために「捨て」る覚悟があるなら、

最高の1年を送れると思う。

 

 

僕は「捨て」たことで、

多くのモノを失ったのかもしれない。

 

卒業旅行にも行かなかったし、

友達と馬鹿騒ぎする時間もなくて、

親や友達、彼女には白い目で見られ、

借金してビジネスの勉強をした。

 

でも、

 

多くのモノを失った代わりに、

それに見合わないくらい大きなモノを手に入れた。

 

 

夢や希望に満ち溢れている仲間、

24時間の自由、

残高をを気にず使える財布、

海外を飛び回った経験、

勉強して手に入れたスキル、知識、

無限に湧き上がる自信、叶えたい夢。

 

 

今まで持ってなかったものが
本当にたくさん手に入った。

 

 

 

僕は色んなモノを失ったのかもしれない。

 

でも挑戦を始めてからの1年1年は、

最高に充実してる

と自信を持って言える。

 

 

モヤモヤしながら、

何も「捨て」られていなかったときとは、

幸福度や充実感が比べ物にならない。

 

・・・・・・

 

 

あなたは、2020年をどんな年にしますか・・・?

 

まさか、来年も年末になって

「来年こそは・・・!」

とか言ってしまうような過ごし方はしないですよね?

 

 

僕もどんどん挑戦しますよ。

 

お互い飛躍の年にしましょう。

 

 

・・・・・・

 

 

あ、2019年のこと、
全然振り返ってなかった。笑

 

 

一言で言うなら、、

最高でした!

・・・笑

 

 

 

今年もありがとうございました。

 

メルマガにいただいてる返信、
全て目を通させていただいています。

 

いつも励みになっております。

本当に感謝しています。

 

あなたの人生にとって
プラスになる発信を
これからも全力でしていきますね。

 

来年も何卒、よろしくお願いします。

 

良いお年を。

 

 

はっしー

 

 

無料でビジネスが学べる講座を配信しています

 

僕はビジネスを始めた初年度で
年商2000万以上を稼いでいます。

 

才能もなかったし何も取り柄がないことが
コンプレックスの人生を送ってきました。

 

今まで何も努力をしてこなかったし、
家も貧乏で友達も少ない、
本当にどうしようもないやつでした。

 

そんな僕が就職から逃れるために
ビジネスを始めたところ、
初月で30万円を稼ぎ
ビジネス1本で食っていけるようになりました、

 

ちょっと稼いで調子乗って
ダラダラしてしまったこともありますが、

 

今はビジネスに本気で取り組み、
戦略の立て方や
億万長者の思考法
お客さんに喜んでもらえるマーケティング
などを学び、

 

一生食っていけるスキルを
身につけることができました。

 

そんな経験から、
きちんと思考や知識を身につければば
誰でも起業家として思い通りの人生を
デザインできると確信しています。

 

僕の今年の目標は
「起業家を100人増やす」
というもので、

 

自分の作った仕組みだけで
食っていけるようになる人を
たくさん輩出したいと本気で思っています。

 

そうすると現状に不満を持つ人が減り
夢や希望に満ち溢れた人が増え
日本がもっと活気付くと思っているからです。

 

何よりもそんな仲間を増やして
世界中を飛び回れたら楽しいだろうな、と
今のうちからワクワクしています。

 

その思いから、
僕がどんな経緯をたどって
ビジネスで食っていけるようなったのか、

 

またあなたが今後どうすれば
ビジネス1本で生計を立てられるようになったのか、
自分の力だけで生きていくことができるのかを、
電子書籍の中で書いています。

 

→電子書籍『1ヶ月起業のすゝめ』を読んでみる

 

メールアドレスを入力するだけで受け取れます。

 

感想を送ってくれた方には
ささやかながら、
プレゼントも用意していますので

ぜひ受け取ってみてください。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。