今月、4年付き合ってた彼女にフラれました。笑

 

いやぁ、一人で泣きました。

久しぶりに映画とか以外で泣きましたよ。

 

 

あなたはクリスマスボッチですか?

僕はボッチです。

 

あなたには彼女がいますか?

僕はいません。

 

 

ボッチのあなたは仲間ですね。

 

クリぼっちを楽しみましょう。。うぅ。。。

 

 

あなたに彼女がいるなら、
いまのうちから結婚について
考えといたほうがいいですよ。

 

 

僕がフラれた理由は、
結婚に踏み切れなかったからです。

 

 

 

 

僕は結婚願望が薄い人間です。

 

親が幸せそうじゃなかったからでしょうか。

 

結婚に対して、
幸せそうなイメージが
あまり僕の中にないんですよね。

 

 

健全にお付き合いしていたら、
行き着く先は、

結婚か別れるか、
の2択になります。当然ですが。

 

女性は子どものこともあるので、
早く結婚したいと思っている人が
多い印象ですね。

 

 

最近僕の周りの友達が、
ドンドン結婚していきました。

 

で、彼女(もう元カノ)も
周りがどんどん結婚していくので、
最近になって焦ってきたみたい。

 

で、結婚 or 別れる

って話になったので、
泣く泣く別れることに。。

 

 

「4年も付き合ってたら結婚してあげればいいんじゃね?」

そう思われるかもしれません。

 

実際友達にも言われました。

 

 

 

でも、結婚の先にある子育て、
これを考えるとどうも今の時点で
結婚には踏み切れませんでしたね。

 

 

僕の元カノは、

専業主婦になるのが夢で、
できるだけ早く子どもが欲しい、

って考えの女性だったんですよ。

 

 

でも、僕は自由を愛する人間です。

思いついたときに海外をぷらぷらするような、
そんな自由人生活をまだすごしてたい。

 

だから、
子どもはいずれ欲しいと思いますが、
30超えてからでいいかな〜って。

そういう考えに至りました。

 

 

20代で子育てしてる人、
マジで尊敬します。

 

 

子どもの可能性って、
親の収入次第で、
狭くもなるし広がりもするじゃないですか。

 

 

僕はひどく可能性の少ない家庭で育ったと思います。

 

家が貧乏で習い事も塾も、
行けなかったですからね。

 

お金がかかることは
基本的にできませんでした。

 

 

一方、周りのやつらは、

小学生のときからサッカーしたり、
そろばん習ったり、習字を習ったり、
少年野球してたり、塾に通ったり、

そういった友達ばかり。

 

一切習い事をしたことがないって、
けっこう珍しいんじゃないかな。

 

 

さらに、家に帰れば、
理不尽に怒鳴られるんです。

 

朝まで正座して泣きながら
謝ってた思い出しかありません。

 

(なんてクリスマスに相応しくない話題・・・!笑)

 

 

まぁ僕の過去の話は置いといて、、

子どもを育てるのって
相当な覚悟がいると思うんですよ。

 

だから、
僕みたいな良い子を育ててくれた親に、
今となっては感謝してます♪笑

 

 

過去の経験もあって、人一倍、
子どもを育てるということに
神経質になってるのかもしれません。

 

でも、子育てって、
それだけ責任がいることだと思います。

 

当たり前ですが、
軽い気持ちで育てるもんじゃんない。

 

 

 

ビジネスを始めてから、
妻子持ちの人と話すことが増えたんですけど、
かなり大変そうなんですよねぇ。

 

生活が苦しくて副業をしたいけど、
お金も時間も捻出できない。

 

妻には、

「子どもいるのにそんなわけわからんことに手出さんといてよ」

って言われる。

 

 

そんな中、妻と子どものために、
隠れてビジネスをしている人もいます。

 

 

出勤前にブログ1記事書いて、
満員電車に揺られて出勤し、
ヘトヘトになって家に帰り、
そこからまた1記事書いて就寝する。。

 

そんな人たくさんいますよ。

 

本当にすごいなって尊敬します。

 

 

ブログなんかは資金がほとんどかからないし、
借金を背負うリスクもないので、

ちゃんと説明したら、
奥さんの理解も得られると思うんですけどね。

 

まぁそう簡単にいかないもんなんでしょう。

 

 

 

だからこそぼくは、
妻も子どももいないうちに、
取れるリスクは取れるだけ取るぜ!

って思いでビジネスをやってきました。

 

20代のうちにどれだけ頑張れるか、
人生設計をどれだけ明確にするか、

これで今後の人生の方向性が
ある程度決まってしまうと思っています。

 

 

3、40代でも遅くはないけど、
20代と比べて、
取れるリスクの大きさが違う。

 

若いってだけでホント武器ですよ。
ある程度無茶できますから。

 

 

だから、
あなたがまだ結婚もしてなくて、
子どもいないなら、

今が人生で一番無茶できるタイミング

というありがたさに気づいた方がいいかも。

 

家族を持ってなくて、
ブラックな労働環境にいるのに、

「会社辞めるのが怖くて・・・・」

とか言ってる人の言葉には驚かされます。。

 

 

いま何でもできるやん!!!

 

てかその状況で一歩踏み出せんのなら、
今後一歩踏み出せるときないやん・・・!

 

何かに挑戦するとしても、
間違いなく今より過酷な状況での
スタートになるでしょうね。

 

 

一生その職場で働かんなら、
サッサと会社辞めたらいいやん。

 

海外行きたいなら行ったらいいやん。

 

自分の力で食っていきたいなら、
ビジネスに挑戦したらいいやん。

 

あの子が好きなら告白したらいいやん。

 

 

「とりあえず3年働いてから・・・」

「30歳になってから・・・」

 

・・・・

 

遅い!!!!!

 

なんかやりたいことあるんなら、
今この瞬間が一番若くて、
人生で最も早いタイミングです。

 

 

僕は結婚より、
自分のやりたいことを優先しました。

 

人によっては、

「なんて自分勝手なんだ・・・!」

って思われるかもしれないけど、

自分の人生なんだぜ。

 

周りの目を気にして、
周りに迎合して、
周りの期待通りの行動を取る。

 

 

それって自分の人生を歩んでるって、
胸を張って言えるのでしょうか。

 

言えるなら、
それでいいと思います。

 

 

僕は周りの目を気にして生きてきました。

だから、自分の人生って感じがしなかった。

他人の人生を歩んでるな〜って。

 

それが嫌だったんですよ。
自分が思ったことはやりきりたい。
そういう思いが強いです。

 

 

だからあなたがまだ、
結婚もしてなくて、
子どももいなくて、

やりたいことがあって、
一歩踏み出すことに迷ってるなら、

 

やっちゃっていいんじゃない?

 

ってことを今日のブログで、
伝えたかったのです。

 

・・・・・・

 

クリスマスやから、
もっと楽しい話をしたらよかったかも。笑

 

僕は彼女と別れてしまいましたが、
お互いにとってベストな選択をしたと思っています。

 

前を向いて歩いていきます。

とても良い彼女でした。

もちろん結婚も考えていました。

 

シクシク。。シクラメン。

 

・・・・・・・

 

もうそろそろ今年も終わりですが、
どんな1年でしたか?

 

僕は飛躍の1年になったと思います。

 

 

でも、まだまだ上の世界を目指す。

 

来年はさらに飛躍の年にするし、
まだまだ挑戦していく。

 

あなたも、
最高の1年が送れたらいいですね!

 

じゃあ、今日はそんな感じで。

 

はっぴー、メリクリ!

 

 

無料でビジネスが学べる講座を配信しています

 

僕はビジネスを始めた初年度で
年商2000万以上を稼いでいます。

 

才能もなかったし何も取り柄がないことが
コンプレックスの人生を送ってきました。

 

今まで何も努力をしてこなかったし、
家も貧乏で友達も少ない、
本当にどうしようもないやつでした。

 

そんな僕が就職から逃れるために
ビジネスを始めたところ、
初月で30万円を稼ぎ
ビジネス1本で食っていけるようになりました、

 

ちょっと稼いで調子乗って
ダラダラしてしまったこともありますが、

 

今はビジネスに本気で取り組み、
戦略の立て方や
億万長者の思考法
お客さんに喜んでもらえるマーケティング
などを学び、

 

一生食っていけるスキルを
身につけることができました。

 

そんな経験から、
きちんと思考や知識を身につければば
誰でも起業家として思い通りの人生を
デザインできると確信しています。

 

僕の今年の目標は
「起業家を100人増やす」
というもので、

 

自分の作った仕組みだけで
食っていけるようになる人を
たくさん輩出したいと本気で思っています。

 

そうすると現状に不満を持つ人が減り
夢や希望に満ち溢れた人が増え
日本がもっと活気付くと思っているからです。

 

何よりもそんな仲間を増やして
世界中を飛び回れたら楽しいだろうな、と
今のうちからワクワクしています。

 

その思いから、
僕がどんな経緯をたどって
ビジネスで食っていけるようなったのか、

 

またあなたが今後どうすれば
ビジネス1本で生計を立てられるようになったのか、
自分の力だけで生きていくことができるのかを、
電子書籍の中で書いています。

 

→電子書籍『1ヶ月起業のすゝめ』を読んでみる

 

メールアドレスを入力するだけで受け取れます。

 

感想を送ってくれた方には
ささやかながら、
プレゼントも用意していますので

ぜひ受け取ってみてください。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。