こんにちは、はっしーです。

 

この前、インフルエンサーになってはいけない、
という記事を書きました。

【インフルエンサーを救いたい】インフルエンサーにならないから稼げる

 

そこでちらっと話したのですが、
noteというプラットフォームで
稼いでいる人たちが一定数います。

 

noteっていうのは、

「続きを読む」に対してお金を払う
コンテンツ販売サービスですね。

 

2019、20年頃は、
noteで荒稼ぎする人が続出しました。

 

キメラんゴンという方は
noteで月収1000万を稼ぎ、

赤星一番という方は
noteで1億円以上売り上げたみたいです。

 

このようにnoteバブルで儲かった人が
たくさんいたわけです。

 

で、それを見た人たちが、

「noteって儲かるんだ!」

とゾロゾロ参入してきたんですね。

 

ということで今回は

noteは稼ぎやすいのか?

いつまで稼げるのか?

というところを話してみようと思います。

 

そもそもnoteってなに?

 

noteは本来、
クリエイター向けのサービスでした。

漫画やエッセイ、写真や音楽など
様々なコンテンツを、

無料で公開してもいいし
自由に(5万まで)値段をつけてもいい

というサービス。

 

だから当初は、

「noteで稼ごう!」

なんて風潮はなかったわけです。

 

でも、冒頭で話したようなビジネスマン達が
noteで荒稼ぎしたことにより、

noteで稼ごう!という空気が
業界に漂うようになりました。

 

noteは情報商材じゃない?

 

なんでnoteで稼ぐ人が増えたのか?というと、

”なんとなくクリーンに見えるから”です。

 

ぶっちゃけ、
イメージの問題なんですよね。

 

例えば、

「コピーライティングの講座」を

5万円で販売するとしても、

 

1、ブログやメルマガからセールスレター(縦長の販売ページ)で販売

2、noteで販売

 

これだけでもイメージは全然違うみたいです。

 

1、だと「高額な情報商材は怪しい!」と叩かれ、
2、なら「クリアですね」に変わる。

 

結局、どのプラットフォームで
どんな見せ方をするかってだけの話です。

 

 

だから、noteでノウハウを販売してる人が、

「情報商材は許せません。」

とか言っているのを見ると笑えます。笑

どちらも本質的には、
情報商材を売っているんですけどね。

 

まぁ世の中には本質を見ずに、
イメージで判断する人が多いということです。

 

 

ブロガーやインフルエンサーがこぞってnoteに参入

 

これまでブロガーやらインフルエンサーは、
高額な情報を売ることができませんでした。

 

なんでかっていうと、
彼らは薄利多売が基本の戦略だからです。

たくさん人を集めて広告で稼ぐ。

 

高額な商品を売ろうものなら、

「怪しい情報商材を売り始めた!」

と言われて炎上するので、
他に道がなかったのです。

 

でも、クリーンに見えるnoteなら
高額な情報を売っても炎上しないので、

こぞってブロガーやインフルエンサーが
参入してきたわけですね。

 

 

だから、

1、ブログで1万円を稼ぐ

2、「ブログで1万円を稼ぐまででにしたことを全て公開します!」
というnote販売で月収100万

みたいな人が続出しました。

 

だから、ブログで稼ぐというより、
noteで稼ぐためのネタ作りとして
ブログやTiwtterを運用する、

という人がたくさん出現したのです。

 

noteで”しか”稼げない人が続出?

 

noteで稼いだ人は、
noteでしか稼げない、

という人がほとんどです。

 

こういう現象を

「プラットフォーム依存」といいます。

 

これは転売ビジネスにも多い現象です。

 

メルカリ転売が流行ったとき、
メルカリで月収100万稼ぐ人が続出しました。

 

でも、ひとたび規制が入ると、
稼ぎ続けることができずに
ほとんどの人間は稼げなくなりました。

 

そして、noteでも同じようなことが
起こったのです。。

 

noteで情報を売るのが流行り、
運営側の目的から大きく逸れてしまったので、
2020年に規制が入ったのです。

 

その1つが「煽り行為の禁止」です。

 

それまでのnote販売者は、
売り上げを公開して訴求するのが
常套手段だったのですが、

それも禁止になったわけです。

 

そして、煽って稼いでいた発信者の
noteが強制的に停止されるなどもあり、

これまでnoteで稼いでいた人たちが
どんどん稼げなくなっていきました。

 

こういうのって本当に
繰り返されてるんですよね。

 

 

プラットフォームに依存しているうちは
規制やら規約変更やらに左右されてしまうので

オススメしません。

 

 

末長く稼ぎ続けるために・・・

 

今回の話で言いたのは、
本質的な力をつけることの大切さ、です。

 

noteでしか稼げない、
Twitterでしか稼げない、
メルカリでしか稼げない、

こういう人は
本質的なスキルがついていない証拠です。

 

 

僕は僕がいればお金を生み出せます。

もしネットがなくても
対面セールスで稼ぐことができるでしょう。

noetなんか使わなくても、
PDFなり自分で作った会員サイトなり
他のプラットフォームに頼らなくても稼げます。

自分の脳みそさえあれば、
いつでもお金が生み出せます。

 

こうなったら、

「稼げなくなったらどうしよう・・・」

とビクビクすることがありません。

 

時代が変わろうが、流行りが変わろうが、
ビクともしません。

 

これこそが本当の意味で自由になる
ということではないでしょうか。

 

一時的にお金が手に入っても
稼ぎ続けられなければ、
宝くじに当たったのと同じです。

 

 

末長く稼ぎ続けるためには
今からプラットフォームに依存しない
ビジネスを始めましょう。

 

僕のメルマガでは、
時代に左右されない稼ぎ方を教えているので、

興味ある方は
のぞいてもらえたらと思います。

 

では!

 

無料でビジネスが学べる講座を配信しています

 

僕はビジネスを始めた初年度で
年商2000万以上を稼いでいます。

 

才能もなかったし何も取り柄がないことが
コンプレックスの人生を送ってきました。

 

今まで何も努力をしてこなかったし、
家も貧乏で友達も少ない、
本当にどうしようもないやつでした。

 

そんな僕が就職から逃れるために
ビジネスを始めたところ、
初月で30万円を稼ぎ
ビジネス1本で食っていけるようになりました、

 

ちょっと稼いで調子乗って
ダラダラしてしまったこともありますが、

 

今はビジネスに本気で取り組み、
戦略の立て方や
億万長者の思考法
お客さんに喜んでもらえるマーケティング
などを学び、

 

一生食っていけるスキルを
身につけることができました。

 

そんな経験から、
きちんと思考や知識を身につければば
誰でも起業家として思い通りの人生を
デザインできると確信しています。

 

僕の今年の目標は
「起業家を100人増やす」
というもので、

 

自分の作った仕組みだけで
食っていけるようになる人を
たくさん輩出したいと本気で思っています。

 

そうすると現状に不満を持つ人が減り
夢や希望に満ち溢れた人が増え
日本がもっと活気付くと思っているからです。

 

何よりもそんな仲間を増やして
世界中を飛び回れたら楽しいだろうな、と
今のうちからワクワクしています。

 

その思いから、
僕がどんな経緯をたどって
ビジネスで食っていけるようなったのか、

 

またあなたが今後どうすれば
ビジネス1本で生計を立てられるようになったのか、
自分の力だけで生きていくことができるのかを、
電子書籍の中で書いています。

 

→電子書籍『1ヶ月起業のすゝめ』を読んでみる

 

メールアドレスを入力するだけで受け取れます。

 

感想を送ってくれた方には
ささやかながら、
プレゼントも用意していますので

ぜひ受け取ってみてください。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。