「とりあえず3年働け」

って言葉聞いてことありますよね?

 

 

誰が言い出したんだろう。。

 

直接誰かに言われた記憶はないのですが、

テレビとき見たときとか就活のときに、
そんなフレーズを聞いた気がします。

 

 

僕の考えを結論から言いますと、

とりあえず3年働くっていうのは、

デメリットしかないですね!

 

メリット0よ。0。

 

 

かの有名なマイナビさんのサイトで
こんな記事を見つけました。

転職は「とりあえず3年」働いてから? 入社3年以内の転職は不利? アンケートで分かった意外な事実とは

 

この記事にある質問の結果は
なかなか興味深いです。

 

Q.転職するなら「とりあえず3年働いてから」だと思いますか?

 

という質問に対して、

「そう思う」は28.3%

「どちらかと言えばそう思う」は31.9%。

 

合計60.2%のサラリーマンが、

「とりあえず3年」を
意識していることがわかりますね。

 

 

転職希望の人はおいといて、

起業準備中です!

みたいな人でも、
こういうこと言ってたりします。

 

 

「とりあえず社会人経験積んでから・・・」

「とりあえず3年間は働いてみてから・・・」

「会社で働かないと社員の気持ちがわからないし・・・」

「起業の準備を積んで30歳になってから・・・」

 

そういうことを聞くたびに僕は、

ホントに起業する気あるの?

って思うんですよ。

 

 

正直、起業のスキルと、
会社員として立派に業務をこなすスキルは、
まったくもって別物です。

 

僕がビジネスを教えた、
3、40代の会社員とか、
ある会社で役員の人とか、

 

この人、会社員の経験役立ってるな〜

って思ったこと1度もないですもん。

 

 

起業する予定の職種が決まっていて、
勉強のために関連する企業に就職するとか、

大手の会社で
キャリアを積んでいきたい、

とかなら就職するのもわかるんですけどね。

 

 

ただなんとなく会社に入っても
起業に有利なことって何もないですからね。

 

会社員時代の経験を活かして、
情報発信をする、
とかはできますけど、

学生でもネットで稼ぐ時代なので、
会社員経験自体が、
大きなアドバンテージになる、
ということはないのです。

 

 

実際僕も会社員経験ないですけど、
起業して3年食ってますし。

 

年収億超えプレイヤーで、
バリバリビジネススキルがある人でも、
就職したことがない人なんて
ごまんといますしね。

 

 

そして、僕は何より、
「マインド面」で、

会社員経験は弊害になる、
とすら思っています。

 

 

ビジネスをやる上で、
最初にぶちあたる壁は、
マインド面という人が多い。

 

 

起業家の当たり前と、
会社員の当たり前が、
あまりにも違うんですね。

 

 

会社では、
言われたことをこなしていれば
毎月決まったお金がもらえます。

 

だから、生活はできる、
という点では安心感があるでしょう。

 

 

でも起業の世界は、
完全な実力の世界です。

 

言われたことだけやっていても、
20万どころか1円も稼げない世界。

 

 

そこに耐えられなくて、
挫折していく人がいるんだろうなと。

 

 

あと、ビジネスをやるなら
自己投資できる人は強いです。

 

無料情報を追いかけ回してる人と、
良質な情報をお金を払ってでも掴む人、

結果に差が出るのは当然なのです。

 

 

僕はビジネスを始めた初月から、
120万の自己投資からスタートしました。

だから、初月で30万、3ヶ月で110万という
収益を生み出せたんだなと。

(ビジネスで稼ぐには120万も必要という意味ではなくて、
マインドの問題でという意味合いです。)

 

 

ただ、会社員生活が長い人は、
自己投資に異常にビビりますね。

 

今まで自分に対して、
自己投資をする、
という発想がそもそもなかったり。

 

例えば、
10万の自己投資に対して、

「あ〜給料の半分か。俺の15日分の給料が一気になくなる・・泣」

と思っちゃうのでしょう。

 

「1万の自己投資は俺の労働を時給換算するとこれくらいのお金か〜。あれだけ上司にペコペコして、残業して必死に稼いだお金・・・泣」

みたいな。

 

この時点で労働者のマインドだなと、
僕は思っちゃうわけです。

 

 

僕は就職が嫌で、
会社の内定を辞退しましたが、

「会社員しながらビジネスしたら?稼げてから辞めたらいいやん」

という意見も当然もらいました。

 

ただ、僕は環境の影響力を舐めていなかった。

 

もし僕が会社員になれば、
少なからず影響を受けるだろう、
ということは想像に難くありませんでした。

 

そうなれば成功するのが遅くなる。

 

人間関係のしがらみ、
働いて潰れる時間、
同僚との付き合い、

そういったもので
成功が何年も遅れるかもしれない。

 

そう思ったので、
就職する前に辞めたのです。

 

 

マジで大正解だったなぁって思う。

会社員になってれば、
今頃起業してなかったかもしれません。

 

 

・・・・・

 

 

「会社で3年働く」

というのは、
会社員マインドに洗脳されるには
十分な期間です。

 

会社員としてのあれこれを
徹底的に脳内にインストールされます。

 

 

会社としては、
退職されまくったら困りますから。

 

 

上司が、
「とりあえず3年は働けよ」

って言ってくるなら、

その上司は、
そのまた上司にそう言われてきたのでしょう。

 

 

そして、3年働いてよかったことを
無理やりこじつけて当てはめ、
部下にインストールしていくのです。

 

そして立派な社畜マインドになった部下が
上司になったとき、言うのです。

「とりあえず3年がんばったほうがいいよ」

って・・・・。

 

「とりあえず3年働け」

って魔法の言葉ですね!

 

 

・・・・・・・

 

僕は社会人になって、
そろそろ3年が経ちます。

 

てことは同級生は、
そろそろ3年会社で働いてるよなぁと。

 

ふと気になったので、
会社員の友達に聞いてみました。

 

 

は「とりあえず3年働けとかよく聞くやん?」

 

友「よく聞くなぁ。俺も上司にそう言われるw」

 

は「で、実際3年くらい経つけど、どう?」

 

友「辞め癖つくのは良くないし、職歴的にも頑張った方がいいかなと思うけど、ちゃんとした理由があるなら3年我慢する必要もないかな(原文まま)」

 

らしいです。生の声。

 

3年という期間に対して、
特に意味はないってさ。

 

ずっとサラリーマンとしてやってくなら、
考えた方がいいかもしれないけど、
起業する予定なら、

マジで3年というのは、
意味のない指標だと思います。

 

・・・・・・・・

 

 

ちなみに今日の話は、

「会社を辞めましょう!内定を辞退しましょう!」

ということではなくて。

 

一生サラリーマン続ける気がないなら、
3年働けとかってなんの根拠もないよ。

ってか起業するならなんの意味もないよ。

ってことを伝えたかったのです。

 

 

そういうなんとなく言われてることって、
影響力が大きかったりしますからね。

 

 

そんな根拠のない言説に振り回されて、
時間を無駄にするのは勿体無いなと思ったので、

今回のテーマで記事を書きました。

 

 

あなたはいつ動き始めるのですか・・・?

 

 

 

無料でビジネスが学べる講座を配信しています

 

僕はビジネスを始めた初年度で
年商2000万以上を稼いでいます。

 

才能もなかったし何も取り柄がないことが
コンプレックスの人生を送ってきました。

 

今まで何も努力をしてこなかったし、
家も貧乏で友達も少ない、
本当にどうしようもないやつでした。

 

そんな僕が就職から逃れるために
ビジネスを始めたところ、
初月で30万円を稼ぎ
ビジネス1本で食っていけるようになりました、

 

ちょっと稼いで調子乗って
ダラダラしてしまったこともありますが、

 

今はビジネスに本気で取り組み、
戦略の立て方や
億万長者の思考法
お客さんに喜んでもらえるマーケティング
などを学び、

 

一生食っていけるスキルを
身につけることができました。

 

そんな経験から、
きちんと思考や知識を身につければば
誰でも起業家として思い通りの人生を
デザインできると確信しています。

 

僕の今年の目標は
「起業家を100人増やす」
というもので、

 

自分の作った仕組みだけで
食っていけるようになる人を
たくさん輩出したいと本気で思っています。

 

そうすると現状に不満を持つ人が減り
夢や希望に満ち溢れた人が増え
日本がもっと活気付くと思っているからです。

 

何よりもそんな仲間を増やして
世界中を飛び回れたら楽しいだろうな、と
今のうちからワクワクしています。

 

その思いから、
僕がどんな経緯をたどって
ビジネスで食っていけるようなったのか、

 

またあなたが今後どうすれば
ビジネス1本で生計を立てられるようになったのか、
自分の力だけで生きていくことができるのかを、
電子書籍の中で書いています。

 

→電子書籍『1ヶ月起業のすゝめ』を読んでみる

 

メールアドレスを入力するだけで受け取れます。

 

感想を送ってくれた方には
ささやかながら、
プレゼントも用意していますので

ぜひ受け取ってみてください。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。