こんにちは、はっしーです。

 

今はブログ1本で生活していて、

人間関係のストレスとは
無縁の生活を送っております。

 

 

そんなぼくですが、
これまでずっと人間関係に悩んできました。

 

人間関係で
すごく疲れてたんですよね。

 

だから色々試したり
本を読みまくったり、

解決策を模索してきました。

 

で、今となっては
人間関係の悩みがなくなったので、

ぼくが心を軽くするために学んだ
思考やマインドをシェアしたいと思います。

 

あなたの気分が少しでも晴れたら嬉しいです。

 

人間関係はうまくいかなくていい

 

そもそも他人同士わかりあえる方が異常

くらいに思ってます。

 

だから人間関係って
別にうまくいかなくていいんですよ。

 

人間関係がうまくいかないことに悩む人って、
人間関係はうまくいかなければならない、

と思い込んでいます。

 

だから疲れるんですよ。

 

 

実際、人間関係なんて希薄なもんです。

 

ぼくの身近な例ですが、
家族ぐるみで付き合ってた人から裏切られ、
借金2億背負ってる先輩がいます。

 

その先輩は、めちゃくちゃ友達が多いですけど、
その分トラブルも多いです。汗

 

人間関係がうまくいって見える人でも、
人間関係でトラブル抱えてる人って

めっちゃ多いですよ。

 

ぶっちゃけ関わる人間が増えるほど、
トラブルも増えます。

 

 

だからあなたが、
人間関係でうまくいかないと感じても、

人間関係って大体そんなもん

ということです。

 

だから人付き合いがしんどくても、
全然気にしなくておっけーです。

 

 

あの有名な『嫌われる勇気』でも、

人の悩みの全ては人間関係にある

と書かれています。

 

つまり、大なり小なりみんな
人間関係で悩んでるんですよね。

 

自分の心を軽くするためには、

自分を責めるのを辞めることです。

 

みんなそんなもん。

だから自分が他人と合わんくてもおっけー。

 

それくらいラフな心持ちでいると
めっちゃ楽になりますよ。

 

人間関係は切ってもOK

 

よく、

「友達を大切にしよう!」

「家族を大切にしよう!」

という言葉を耳にしますが、
あれ嘘ですよ。

 

あなたにとって害のある人とは、
むしろ付き合っちゃダメです。

 

まぁブロックするわけにもいかない場合でも
距離を置くことはできますよね。

 

人間関係がうまくいかない人って、
みんなと仲良くしようとしすぎなんです。

 

 

ぼくも昔は寂しくて、
あまり合わないと思いつつ
付き合ってる人がたくさんいました。

 

「まぁ友達いなくなると寂しいしな。。」

「誘われたし遊ぶか。。」

 

といった感じで、
ずるずる付き合ってたことあるんですけど、

1ミリもいいことがありませんでした。笑

 

自分が合わない人って一生合わないし、
不快なこと言う奴はずっと言ってきます。

 

だから付き合うの辞めた方がいいんです。

 

それに、関係を無理に切らなくても、
誘いを断り続けてると
たいてい自然消滅しますからね。

 

気のせいが心の不満を作っている

 

人間関係がうまくいかないときって、
相手が自分をないがしろにしてるときですよね。

 

だってみんながあなたのことを
めちゃくちゃ尊重してくれてるなら、

不満を抱かないし、
うまくいかないと思うこともないです。

 

「あいつは自分の気持ちをわかってくれない」

「大事にしてくれない。ないがしろにされている」

「他の人ばかり気にかけて、自分には冷たい」

「なんで自分ばっかり嫌な思いしないといけないんだ!」

 

って相手に対して思いません?

 

ぼくはむっちゃ思ってました。

 

 

そうそう、ぼくの話ですが、、

大学時代、軽音部に入ってたんですけど、
1年くらいで辞めたんですよ。

 

ちょうどのそのころ
バイトも辞めたんですね。

 

すると同級生が、

「もう辞めたん?」

って言ってきたんですよ。

 

 

そのときめちゃくちゃムカつきました。

「もうってなんやねん!」。

「いつもすぐ辞めるみたいな言い方すんなや!」

 

直接は言いませんでしたが、
その日は1日中モヤモヤしました。

 

・・・こういう細かいことって
思い出したらめっちゃありません?

 

「あいつ一言多いねん」

とか

「バカにしやがって」

って思うこと。

 

 

でも、今になって思うんですけど、

だいたい気のせいなんです。

 

そりゃ明らかに悪意ある人はいますけど、
気のせいなことも多いです。

 

 

人間関係がうまくいかないときって
気分が落ち込んでるときとか
体調が悪い時じゃないですか?

 

めっちゃ幸せな気分で、
毎日最高に楽しい!

って状態のときには
あまりネガティブに感じないはずです。

 

 

人から何か言われたとき、
自分の心が勝手に付け足してるんです。

 

例えばぼくの場合、

「もう辞めたん?すぐやめてみっともないねw」

と言われた気がしたわけです。

 

これって結局、
自分の恐れが反映されてるんですよね。

 

ぼくの心には潜在的に、

「すぐに諦めるやつって思われたくない。」

という恐れや、
プライドがあったと思うんですよ。

 

 

でももしかしたら相手は、

「もう辞めたん?決断早くていいね!」

と思って言ってくれたのかもしれません。

 

 

つまり相手が
どう思ってるかわからない以上、

言葉の奥にあるものって全て
こっちの妄想でしかないんですよ。

 

 

だから相手の言葉に「うっ」
ってなったときは、

「あっこれは気のせいだった…」

と感じるようにしてみてください。

 

 

結局、人が自分に対して
当たりがキツいと感じるときは、
自分で自分を責めてるときだったりします。

 

 

相手が自分に対して
嫌味を言ってるかの良いこと言ってるのか、

どっちにしろ気のせいなので、
どうせなら良い方の気のせいを採用しましょうw

環境を変えたら合う人めっちゃいる

 

人間関係がうまくいかなときに、

「自分の人間性に問題があるんじゃないか」

とぼくは思ってました。

 

周りに合わせられない
ぼくがおかしいんだ、と。

 

実際にぼくは学生時代、
なかなか同級生に合わせることができず、
どこか違和感を感じてたんですよね。

 

 

でも今になって思うのが、
環境変えたら合う人いっぱいおるわ、

ということです。

 

 

学校も職場も、
関わる人って限られてますよね。

 

学校のクラスだと40人くらいだし、
その中でも密に関わるは十人とかじゃないですか?

 

職場も100人いたとして、
密に関わるのは限られてきますよね。

 

 

つまりぼくたちって、
めっちゃ限られた中でしか
付き合いってないんですよね。

 

1億3000万人の中の
たった100人くらいの集まりの、
その中の10人くらいの関わりの中で

「うまくいかない(´・_・`)」

と悩んでるわけです。

 

でも残りの1億2999万9900人の中で
合う人が1人は絶対にいると思いませんか?

 

 

 

ぼくは高校時代、
クラスの人と馴染めませんでした。

 

でも、違う学科の奴らとは
気が合ったんですよね。

 

 

大学生になったときも、
同じ学科で友達ができませんでした。

 

でも違う学科にいっぱいできました。

 

こんな風に、環境を変えれば、
合う人って見つかるもんです。

 

 

みんな視野が狭くなっちゃってるんですよね。

 

「今関わってる人と仲良くしないと孤独になる、、、」

みたいな。

 

 

あなたが学生で、
クラスメイトと合わなくても全く問題ないです。

 

あなたが社会人で、
周りの人全員と合わなくても1ミリも問題ないです。

 

あなたが主婦で、
周りのママ友と合わなくても全然普通です。

 

 

逆にそんな超超超狭いコミュニティの中で、
合う人見つけてる方がすごすぎやろ、

とぼくは思います。笑

 

さいごに:違う環境に飛び込んでみてほしい

 

色々話してきましたけど、
環境を変えてみてほしいです。

 

ゲームが好きなら
SNSでゲーム友達探してもいいですし。

 

本が好きなら、
同じ趣味の人をネットで探してもいいですね。

 

今の時代、色んな趣味の人が、
繋がりを求めてますからね。

 

 

それに人付き合いに疲れたら
バッサリと付き合いやめたらいいです。

 

 

とにかく、
環境を変えてみるとわかります。

 

「自分はあんまり人と関わらん方が幸せや」

とか

「このコミュニティには合う人めっちゃおるわ」

とか

 

絶対に気づくことがあります。

 

 

 

ぼくはブログを始めて、
関わる人を少なくしてから、

最高に幸福度が高くなりました。

 

人間関係の悩みは0です。

 

だから、めっちゃ気が楽ですよ。

 

 

ぼく自身、人間関係について
けっこう悩んできた方なので、

これからも心が軽くなるような
考え方を発信していきます。

 

よっかたらSNSでシェア等していただけたら
励みになります。

 

 

それでは!

 

無料でビジネスが学べる講座を配信しています

 

僕はビジネスを始めた初年度で
年商2000万以上を稼いでいます。

 

才能もなかったし何も取り柄がないことが
コンプレックスの人生を送ってきました。

 

今まで何も努力をしてこなかったし、
家も貧乏で友達も少ない、
本当にどうしようもないやつでした。

 

そんな僕が就職から逃れるために
ビジネスを始めたところ、
初月で30万円を稼ぎ
ビジネス1本で食っていけるようになりました、

 

ちょっと稼いで調子乗って
ダラダラしてしまったこともありますが、

 

今はビジネスに本気で取り組み、
戦略の立て方や
億万長者の思考法
お客さんに喜んでもらえるマーケティング
などを学び、

 

一生食っていけるスキルを
身につけることができました。

 

そんな経験から、
きちんと思考や知識を身につければば
誰でも起業家として思い通りの人生を
デザインできると確信しています。

 

僕の今年の目標は
「起業家を100人増やす」
というもので、

 

自分の作った仕組みだけで
食っていけるようになる人を
たくさん輩出したいと本気で思っています。

 

そうすると現状に不満を持つ人が減り
夢や希望に満ち溢れた人が増え
日本がもっと活気付くと思っているからです。

 

何よりもそんな仲間を増やして
世界中を飛び回れたら楽しいだろうな、と
今のうちからワクワクしています。

 

その思いから、
僕がどんな経緯をたどって
ビジネスで食っていけるようなったのか、

 

またあなたが今後どうすれば
ビジネス1本で生計を立てられるようになったのか、
自分の力だけで生きていくことができるのかを、
電子書籍の中で書いています。

 

→電子書籍『1ヶ月起業のすゝめ』を読んでみる

 

メールアドレスを入力するだけで受け取れます。

 

感想を送ってくれた方には
ささやかながら、
プレゼントも用意していますので

ぜひ受け取ってみてください。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。