こんにちは、はっしーです。

 

ブログビジネスで独立し、
それなりに自由な生活を送っています。

 

 

さてさて、今日話したいことは、

「お金がなくても幸せなんだ!」

という意見についてです。

 

たまにこういうことを言う人がいたり、
自己啓発本で書かれてたりもしますよね。

 

 

結論から言うと、

お金がなくても幸せは真っ赤な嘘です。

 

 

とはいえ、お金持ちにならなくても
幸せには生きられると思っています。

 

でも、お金がないと不幸になるし、
お金を稼げるのにこしたことありません。

 

 

ではなぜ、お金がなくても幸せだと
いう意見が出回っているのでしょうか?

 

その点を考察したいと思います。

 

お金がなくても幸せは嘘な理由

 

2019年に発表された

「満足度・生活の質に関する調査」

というデータによると

 

年収5000万を天井として、
幸福度がどんどん上がっていきます。

 

つまり、低所得の人より、
年収が高い人の方が幸福度が高いことは、

データが証明してくれてます。

 

なのでもう議論の余地がないですね。笑

 

 

でもここで終わるのもアレなので、
もう少し掘り下げて話します。

 

お金は人生の選択肢を増やしてくれる

 

僕自身、学生で貧乏なところから、
ネット起業をしました。

 

そして年収1000万ほど稼いで
わかったことがあります。

 

 

それは、お金があれば選択肢を
増やせるということ。

 

僕は就職せず独立しましたが、
これはある程度お金がないと
選択できませんよね。

 

 

もしあなたの手元に2億あったら
今の会社続けますか?

たぶん、続けないと思います。

 

でも辞めないのは
お金を稼がないといけないからですよね。

 

何が言いたいかっていうと、
会社で働くのが悪いわけじゃなくて、

辞めたいのに辞める選択肢がない

ことに問題があるということです。

 

これが幸福度の下がる原因だと思っています。

 

 

 

他にも、お金があればデートで、
おしゃれなレストランに連れていけます。

 

彼女にヴィトンのバッグを買ってあげられます。

 

子どもが欲しがってるおもちゃを
お金を気にせず買ってあげられます。

 

親に仕送りを送ってあげられます。

 

子どもが医学部に行きたいと言っても
援助してあげられます。

 

・・・そうするかはともかく
こんな風に選択できるのが大事だと思うんです。

 

 

一方、お金がなければ、
これらの選択肢は与えられません。

 

どっちの方が幸せかは
内心誰もがわかっていると思います。

 

 

ぼくは

昼間から寿司を食べ、ビールを飲んで、
自分の好きなように生きる人生と、

 

常に財布のお金を気にして
安い居酒屋やチェーンの牛丼屋でお腹を満たし
働きたくもない会社でストレスを溜める人生を比べて、

 

どうしても後者は無理だと思いました。

 

 

そこらへんの話は
こちらの記事でも話しています。

 

今後の人生を変えるキッカケになるかもなので、
よかったら読んでみてください。

初年度で年商2千万稼いだ僕の理念と、これまでの経緯を書いてみた

 

お金がなくても幸せという意見はなぜ出るのか?

 

一方で、

お金がなくても幸せだ!

という意見について見ていきます。

 

結論から言うと、

めちゃくちゃお金が欲しいけど、ムリだから自分を肯定するために言っている

というパターンがほとんだかなと。

 

本当に貧乏で幸せだと思えてるなら、
仙人レベルだと思います。笑

 

 

年収1000万以上を高所得とすると、
日本全体で見ても5%しかいません。

 

つまり、世の中のほとんどの人は
お金持ちじゃないわけですね。

 

その中で自分がお金持ちになれると
思ってる人はほとんどいないでしょう。

 

 

だから、

「お金がないと幸せじゃない」

という考えは、
お金のない自分を否定することになります。

 

 

自己啓発本やスピリチャルで、

「お金がなくても幸せだよ!」

と言われるのは、
95%の人に対してセミナーや本を売るためです。

 

人口の多い方にアプローチした方が
商品は売れやすいですからね。

 

 

僕の友人にも、

「お金持ちになれるとしもてなりたくないわー」

とか言ってるやつがいます。笑

 

 

「じゃあ1億もらえるとしてもいらんの?」

と聞くと

「そりゃもらうけど。」

と言ってます。笑

 

 

もう自分に嘘つくのはやめましょう。

 

お金欲しい。もっと贅沢したい。

あんなこともこんなこともしたい。

 

そう思うのが普通の感情ですよ。

 

 

それに欲望がたくさん方が、
人生にハリが出ると思っています。

 

お金で得られる幸福には限りがある

 

とはいえ、年収5000万以上になると、
幸福度は少しずつ下がっていくみたいですね。

 

それは

お金で得られる幸福に限りがあるから

です。

 

僕はまだそのレベルにいってませんが、
なんとなくわかる気がします。

 

上を目指しても上には上がいるし、
強い奴が無限に出てきます。

 

だから、

 

他人と比較し続けてる限り幸せにはなれないんですよね。

 

あの人より稼ぎたい。

あの人よりモテたい。

あの人より可愛くなりたい。

 

こういった感情にはキリがありません。

いつまでも心が満たされないままです。

 

 

だから、僕たちが幸せに生きるためには、

他人と比較せず、感謝をしつつ、お金をしっかり稼ぐこと、

じゃないでしょうか。

 

 

僕は毎日ご飯食べられること、寝られること、
優しい友人がいることに感謝しています。

 

その上で、お金がある方が
自分のやりたいことが色々できるので、

楽しみながらも
もっとお金を稼ぐために仕事しています。

 

 

お金を稼ぐ”だけ”が幸せじゃないので、
バランスには気をつけたいですね。

 

もうちょっとお金稼いでもいいんじゃない?

 

僕は何なにも、

 

お金さえあれば幸せ!

ブランド品最高!

贅沢したい!

 

みたいな拝金主義者的な
話をしたいわけではありません。

 

やっぱりお金は稼いでるのに
越したことないよね、という話です。

 

 

僕自身、タワマンとか車とかブランド品とかに
1ミリも興味ないですからね。笑

 

ただただ24時間自由に漫画読んだり
映画見たり旅行したい、

おもろい挑戦がしたい、
というゆるふわな感じで生きております。

 

 

今の時代、自分で稼ぐ方法が
たくさんあります。

 

だから副業からでも、
なにか初めてみたらいいと思うんですよね。

 

それで年収がプラス100万200万増えるだけでも、
かなり選択肢は増えますよ。

 

 

それにネットが発達してるので、
リスク0で起業ができる時代です。

 

僕は月に100万稼いでますが、
月々かかるお金はブログ代とメルマガ代の
1万くらいですからね。笑

 

まぁ5千円におさえたり無料でもできますし。

 

 

昔はお金を稼ぐことを諦めるしかなくても、
今の時代希望持っていいと思いますよー

というこで、今回は以上です。

 

 

僕が0からブログで月に100万稼いだ流れは
メルマガの方で話しています。

 

メルマガを読むかは任せますので、
よかったらもう1記事読んでいってください。

 

 

それでは!

 

無料でビジネスが学べる講座を配信しています

 

僕はビジネスを始めた初年度で
年商2000万以上を稼いでいます。

 

才能もなかったし何も取り柄がないことが
コンプレックスの人生を送ってきました。

 

今まで何も努力をしてこなかったし、
家も貧乏で友達も少ない、
本当にどうしようもないやつでした。

 

そんな僕が就職から逃れるために
ビジネスを始めたところ、
初月で30万円を稼ぎ
ビジネス1本で食っていけるようになりました、

 

ちょっと稼いで調子乗って
ダラダラしてしまったこともありますが、

 

今はビジネスに本気で取り組み、
戦略の立て方や
億万長者の思考法
お客さんに喜んでもらえるマーケティング
などを学び、

 

一生食っていけるスキルを
身につけることができました。

 

そんな経験から、
きちんと思考や知識を身につければば
誰でも起業家として思い通りの人生を
デザインできると確信しています。

 

僕の今年の目標は
「起業家を100人増やす」
というもので、

 

自分の作った仕組みだけで
食っていけるようになる人を
たくさん輩出したいと本気で思っています。

 

そうすると現状に不満を持つ人が減り
夢や希望に満ち溢れた人が増え
日本がもっと活気付くと思っているからです。

 

何よりもそんな仲間を増やして
世界中を飛び回れたら楽しいだろうな、と
今のうちからワクワクしています。

 

その思いから、
僕がどんな経緯をたどって
ビジネスで食っていけるようなったのか、

 

またあなたが今後どうすれば
ビジネス1本で生計を立てられるようになったのか、
自分の力だけで生きていくことができるのかを、
電子書籍の中で書いています。

 

→電子書籍『1ヶ月起業のすゝめ』を読んでみる

 

メールアドレスを入力するだけで受け取れます。

 

感想を送ってくれた方には
ささやかながら、
プレゼントも用意していますので

ぜひ受け取ってみてください。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。