こんにちは、はっしーです。

 

「毎日つまらないな」

「なんのために生きてるんだろう」

「なんかモヤモヤする」

 

と思ってるあなたに
人生を楽しく生きる術を話したいと思います。

 

ぼく自身、このやり方で
だいぶ人生が変わってきました。

 

好きなことをとことんやってみる

 

結論から言うと、
好きなことをやりまくることから
初めてみてください。

 

つまらない人生が
ちょっとは楽しくなるはずです。

 

 

とはいえよく聞くような、

「好きなことを仕事にしよう!」

と言いたいわけじゃないです。

 

ぼくからすると、
好きなことを仕事にしろなんて、

「そんな簡単に言うな」

って感じなんですよね。

 

 

好きなことを仕事にするのって
やろうと思ってやるというか、

 

好きなことを突き詰めた結果、
それが仕事になってる、

というパターンだと思うんです。

 

 

よくあるのが

旅行が好きだから
旅行関係の仕事に就こう!

本読むのが好きだから本屋で働こう!

というパターンです。

 

でもこう考えて仕事に就いても
たぶんモヤモヤします。

 

旅行が好きなのと、
旅行会社で働くのって
全然関係ないからです。笑

 

「私は自分が旅行するのが好きなんだよ!」

ってなりますし。

 

 

他にも、

旅行が好きだから旅ブログで稼ごう!

旅行が好きだから旅行系YouTuberになろう!

と頭で考えたとしても、
臨場感が全く湧かないので
行動する気しないですよね。

 

「そんなんで食ってけるなら苦労せんわ」

って感じですよね。

 

だから好きなことで食ってくのって
めっちゃムズいです。

 

 

 

だからまずは仕事とか考えずに、
好きなことをとことんやってください。

 

 

ドラゴンボールが好きなら、
DBの漫画と映画をしぬほど見るとか、

ドラゴンクエストが好きならやりまくるとか。

 

旅が好きなら旅しまくるとか、
ミステリーが好きなら片っ端から読むとか、

とにかく好きなことを
やりまくるんです。

 

 

 

人生がつまらないのって、
好きなことも中途半端にしか
やってないからなんですよ。

 

仕事して、ちょっと友達と遊んで、
趣味の映画をちょっと見て、、

バランスがいいからおもんないんですよ。

 

 

おもろそうな人生を送ってる人って
バランスがおかしいです。

 

趣味9割 仕事1割

みたいな。笑

 

趣味ために睡眠時間削って映画見まくる、

みたいな。笑

 

 

それくらい好きなことをやりまくれば
毎日のモヤモヤは薄くなるし、

たぶん、今よりは
やりたいことが見えてきます。

 

非日常を取り入れる

 

毎日つまらなさそうな人って、
おんなじことしかしてないです。

 

同じ時間に起きて同じ人と話して
同じご飯食べて同じ道で通勤して
同じことをして寝る。

 

変わらない毎日を繰り返してたら
そりゃおもんないですよ。

 

日常にイレギュラーがないから
おもんないんです。

 

明日も明後日も1年後も、
なんとなく自分の生活が想像できますよね。

 

 

 

一方、人生楽しんでる人はみんな
明日どうなってるかもわからないほど
密度の濃い1日を過ごしてます。

 

人生を楽しんでる人って

フラッと高級なホテル泊まってみたり、
フラッと旅行に行ったり、
深夜に飲みに誘われても行ったり、

とにかくフットワークが軽いんですよ。

 

だからもっと
場面行動をしてみてください。

 

 

まずは普段は絶対食べないものを食べるとか、
そういったことから始めましょう。

 

日常に変化があるのを当たり前にすると
どんどん人生に対して好戦的になり、

前向きになっていきます。

 

ぼくの体験:生活に彩りが生まれた

 

日常に変化を取り入れ
好きなことをやりまくってれば
つまらない日常から脱出できるはずです。

 

ここからは僕の実体験です。

 

僕も大学時代は
毎日つまらないと思っていました。

 

友達と遊んでいても、
なぜか心から楽しめなかったんです。

 

 

だから今話してきたことを
実際に試してみました。

 

まず、日常に変化をつけるために、
ジムに通い始めました。

 

そして小説を読むのが好きだったので、
毎日読みまくりました。

 

 

すると僕の中で
色々な考えが頭に浮かんできました。

 

小説を読みまくってると、

「もっといろんな小説読みたい!」

「でも、時間足りへんぞ・・・」

って思うようになりました。

 

就職したら時間無くなるよな。。

嫌やなぁ。。。

 

と思ったのがキッカケで、
就職に疑問を持つようになったんです。

 

「もう定年まで自由な時間取れへんのか・・・」

「もっと時間が取れる仕事ないかな・・・」

と思って調べたことで、
ブログと出会いました。

 

 

そして今はめっちゃ趣味に時間使えてるので
幸福度が高いです。

 

ぼくはこういうパターンでしたが、
人によって色々な変化があるはず。

 

例えば、

ゲームが好きでやりまくってるうちに
本気でゲーム実況で食っていこうと思ったり、

 

漫画が好きで読みまくってたら、
漫画ブログを立ち上げたくなったり、

 

ドラクエが好きでやりまくってたら
ドラクエ系実況者になるかもしれません。

 

いずれにしろ、やってみないと
その可能性すら見えてこないです。

 

やれることが増えるとやりたいことが見つかる

 

毎日つまらないと感じてる人は、
行動してみてほしいと思います。

 

今の時代、どんなことも
お金に変えられる時代です。

 

 

好きなことやりまくってみて、
結果的に好きなことで生きていけたら、
最高じゃないですか。

 

 

ぼくは趣味で食ってるわけじゃないですが、
やりたいことがたくさんあります。

 

それで結果的に食ってけるように
なるかもしれません。

 

(ブログは好きなことじゃなくて
それが仕事だからやってる感じです。)

 

 

まぁ好きなことで食ってけなくても
ブログで悠々自適に暮らせるので

それはそれで幸せなんで悔いなしです。笑

 

 

 

でも独立してから強く思うのは
できることが増えれば
やりたいことが勝手に出てくるなってことです。

 

 

例えば動画編集ができて
サムネがつくれたら、

「YouTuberになってみようかな」

と思うかもしれないですよね。

 

 

あるいは、ブログを書いてみて
文章力がついたら

ブログで独立しようかなーとか、
趣味関係のライターになろうかなーとか、

違う選択肢が出てくるかもしれません。

 

 

でも、全くできることがなければ
選択肢にすら上がってこないわけです。

 

だからできることを
1つでも増やしてみてください。

 

やりたいことができれば、
人生つまらないなんて思わないと思うんですよ。

 

 

特にやりたいこともなく、
無気力に毎日を過ごしてるから
おもんないわけですよね。

 

昔のぼくがそうでした。

 

 

でもやれること増えたら
めっちゃ楽しいですよ。

 

今まで無理だと思ってたことが、

「できるかもしれん」

ってなりますからね。

 

 

あなたが心の底で諦めてたことが
実現できる日が来るかもしれませんよ。

 

ということで今後も、
人生についての考え方なんかを
ブログで話していきたいと思っています。

 

それでは!

 

無料でビジネスが学べる講座を配信しています

 

僕はビジネスを始めた初年度で
年商2000万以上を稼いでいます。

 

才能もなかったし何も取り柄がないことが
コンプレックスの人生を送ってきました。

 

今まで何も努力をしてこなかったし、
家も貧乏で友達も少ない、
本当にどうしようもないやつでした。

 

そんな僕が就職から逃れるために
ビジネスを始めたところ、
初月で30万円を稼ぎ
ビジネス1本で食っていけるようになりました、

 

ちょっと稼いで調子乗って
ダラダラしてしまったこともありますが、

 

今はビジネスに本気で取り組み、
戦略の立て方や
億万長者の思考法
お客さんに喜んでもらえるマーケティング
などを学び、

 

一生食っていけるスキルを
身につけることができました。

 

そんな経験から、
きちんと思考や知識を身につければば
誰でも起業家として思い通りの人生を
デザインできると確信しています。

 

僕の今年の目標は
「起業家を100人増やす」
というもので、

 

自分の作った仕組みだけで
食っていけるようになる人を
たくさん輩出したいと本気で思っています。

 

そうすると現状に不満を持つ人が減り
夢や希望に満ち溢れた人が増え
日本がもっと活気付くと思っているからです。

 

何よりもそんな仲間を増やして
世界中を飛び回れたら楽しいだろうな、と
今のうちからワクワクしています。

 

その思いから、
僕がどんな経緯をたどって
ビジネスで食っていけるようなったのか、

 

またあなたが今後どうすれば
ビジネス1本で生計を立てられるようになったのか、
自分の力だけで生きていくことができるのかを、
電子書籍の中で書いています。

 

→電子書籍『1ヶ月起業のすゝめ』を読んでみる

 

メールアドレスを入力するだけで受け取れます。

 

感想を送ってくれた方には
ささやかながら、
プレゼントも用意していますので

ぜひ受け取ってみてください。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。