こんにちは、はっしーです。

 

一昨年の冬、ガールズバーで
がっつりぼったくられました。

 

ぼったくりのお店は店の場所を変えたりしつつ
各地に存在するみたいなので、
皆さんもお気をつけください。

 

僕がぼったくられてしまった経緯を
書いていきたいと思います。

 

キャッチのお姉さんにホイホイついて行った

 

その日後輩と大阪でナイトショーの映画を見た後、
そのまま後輩の家に泊まるために
大阪の街を歩いていました。

 

するとキャッチの人たちが声をかけてきました。

 

居酒屋や夜のお店が多いところでは
キャッチのお兄さんやお姉さんが
うじゃうじゃいます。

 

「飲み屋探してないっすかー?」

としつこく声をかけてきたのですが、
僕はあまりお酒が飲めないので断りました。

 

基本的に居酒屋を友達と探している時以外は
丁重にお断りさせていたいだいてます。

 

すると次は一昔前のギャルのような見た目の
お姉さんが声をかけてきました。

 

「ガールズバーどおっすかー?」

と声をかけてきたわけなのですが、
僕は今までガールズバーに行ったことがなかったし
行きたいともあまり思わないので断りました。

 

お酒も全然飲めないし
後輩の家でDVDを見る予定だったので
断ったんですけど

 

めっちゃしつこいんですよ笑

 

腕組みして引き止めてくるんですよね。

「ホンマどこの店よりも安いから〜」

「1時間で3千円くらいやから〜」

 

みたいな感じで他の店よりも
安いところはないと言い張るんですね。

 

あまりにしつこいので後輩が

「ちょっとくらいならいいんじゃないですか?」

と言ってきたので、

 

先輩やしかっこいいところみせたるかぁ!
みたいな気持ちにもなり、

 

「僕が奢るしちょっと行ってみよか」

とか言っちゃったんですよね。

 

後輩からは

「先輩かっこいいっす」

とか言われたり

 

お姉さんからは

「さすがーかっこいーっ」

とか褒められまくって

 

正直テンション上がってました笑
今思うと本当にマヌケです。

 

いざ店内へ

 

ガールズバー自体
お客として行くのは初めてだったので
かなりドキドキしながら店内へ。

 

店に入ると可愛い女の子が
笑顔で出迎えてくれました。

 

かなり可愛い子が何人かいて
僕と後輩はテンションマックスに。

 

僕たちは鼻の下を伸ばしながら

「こういうのもありやな〜」

って話をしてました。

 

店内には僕たちの他に
大学生くらいの男性2人組がいて
楽しそうにお姉さんと話していました。

 

 

僕たちはソファ席に案内され
メニューの説明をキャッチのギャルに
されたのですが、

 

やたら説明が早口だったのと
僕自身緊張もしてたので
どんな説明をされたかはよく覚えていません。

 

 

僕と後輩はお酒が弱いので
とりあえずジンジャーエールを
1杯ずつ頼むことに。

 

僕たちのお酒が来たのと同時に
ギャルのお姉さんと乾杯しました。

 

人生初のガールズバーでぼったくられた

 

すると、
30分も経たないうちに

 

なにやら僕たちより先に来ていた
2人組みの男性と女の人が言い争いを始めました。

 

席が少し離れていたのと
僕たちと話していた女の人がやたら声がでかいのとで
最初はあまり気にならなかったのですが、

 

今まで笑顔で話していたのが
男性の方が怒りの形相に変わっていました。

 

その雰囲気で僕も急に怖くなってきて

「今お会計するとどれくらいですか?」

とギャルのお姉さんに聞くと、

 

「まだ30分しか経ってへんから気にせんとこ」

と言われ更に不安になり問いただしたところ、

 

お姉さんから耳を疑うような
言葉が飛んできました。

「お会計は6万5千円になりまーす」

 

一瞬頭が真っ白になりました。

そして少ししてから僕は状況を理解しました。

 

うわ、やられた。。
他のお客さんの反応も見てたので
ぼったくりのお店だということに気付きました。

 

お会計を言った時のあのギャルの笑顔は
未だに忘れられません。

 

お姉さんたちが僕に許可を取らずに
勝手に飲んでたお酒が
お会計に含まれてることもその時聞かされました。

 

それでも、
僕たちは2杯しか飲んでないし
お姉さんも数杯しか飲んでない。

 

それなのにあまりにも
無茶苦茶な金額です。

 

呆然としていると、

 

「ATM行こっか」

 

お姉さんに笑顔で言われ腕を組まれ
僕はそのままATMに連れてかれました。

 

後輩もついて行くと言ったのですが
他のお姉さんに腕を組まれ動けないようにされ、

 

僕は逃げれないように
財布以外の荷物を店に置いていかされました。

 

正直何をされるかわからず怖かったので
僕は言われるがままに。。

 

抵抗したら怖いお兄さんが出て来そう
と思ったので

 

払えない金額でもないので
諦めてお金を払うことにしました。

 

ATMに向かう道中

「月いくら稼いでるんですか?」

と聞いたところ、

 

「大体月200万くらいかなー」

って言ってたので、

 

ぼったくったお金で
超儲かってるのでしょう。

 

お金を払いに店に戻ると
最初にいた二人組と女の人の喧嘩は
ヒートアップしてました。

 

「こんな金額になるなんて聞いてないぞ!」
とキレまくって店内がカオス状態に。

 

最初僕が可愛いと思ってた女の人が

「お前らが値段見てないのが悪いんちゃうんけ?」

 

と男性に凄みをきかせ
眉間に皺を寄せて睨みつけていて

 

それが一番ショックでしたね。

 

童顔で可愛らしい感じの女の子が
眉間に皺を寄せて睨みつける様子を見ると
その変貌ぶりに唖然とします。

 

お会計が済んで店を出るときに

「また遊びに来てねー」

とお姉さんが笑顔で手を振ってくれました。

 

勿論二度と行きません笑

 

ぼったくりには気をつけてください

 

僕がぼったくられた
経緯を書いてきたのですが

皆さんもこういう
お店に行く時は充分に気をつけてください。

 

ぼったくりを巡る問題は多いみたいですが、
一番無難なのはキャッチの人に
ついて行かないことだと思います。

 

違法な客引きをしているケースもあるので
知人が行ったことのあるお店に行くことを
お勧めします。

 

初めて行ったガールズバーで
なんとも苦々しい経験をしたわけですが、

 

もっと高額な金額を請求されるような
店に騙される可能性もあったわけですし、

 

勉強代と思えば安かったのかな
と店を出てからは後輩と笑い話に
してました。

 

その後僕は一度も
ガールズバーに足を運んでいません笑

 

今日はそんな感じの記事でした。

 

それでは!

 

 

無料でビジネスが学べる講座を配信しています

 

僕はビジネスを始めた初年度で
年商2000万以上を稼いでいます。

 

才能もなかったし何も取り柄がないことが
コンプレックスの人生を送ってきました。

 

今まで何も努力をしてこなかったし、
家も貧乏で友達も少ない、
本当にどうしようもないやつでした。

 

そんな僕が就職から逃れるために
ビジネスを始めたところ、
初月で30万円を稼ぎ
ビジネス1本で食っていけるようになりました、

 

ちょっと稼いで調子乗って
ダラダラしてしまったこともありますが、

 

今はビジネスに本気で取り組み、
戦略の立て方や
億万長者の思考法
お客さんに喜んでもらえるマーケティング
などを学び、

 

一生食っていけるスキルを
身につけることができました。

 

そんな経験から、
きちんと思考や知識を身につければば
誰でも起業家として思い通りの人生を
デザインできると確信しています。

 

僕の今年の目標は
「起業家を100人増やす」
というもので、

 

自分の作った仕組みだけで
食っていけるようになる人を
たくさん輩出したいと本気で思っています。

 

そうすると現状に不満を持つ人が減り
夢や希望に満ち溢れた人が増え
日本がもっと活気付くと思っているからです。

 

何よりもそんな仲間を増やして
世界中を飛び回れたら楽しいだろうな、と
今のうちからワクワクしています。

 

その思いから、
僕がどんな経緯をたどって
ビジネスで食っていけるようなったのか、

 

またあなたが今後どうすれば
ビジネス1本で生計を立てられるようになったのか、
自分の力だけで生きていくことができるのかを、
電子書籍の中で書いています。

 

→電子書籍『1ヶ月起業のすゝめ』を読んでみる

 

メールアドレスを入力するだけで受け取れます。

 

感想を送ってくれた方には
ささやかながら、
プレゼントも用意していますので

ぜひ受け取ってみてください。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。