こんにちは、はっしーです。

 

僕はFラン大学を卒業し、
将来に希望が持てずにいました。

 

そんな僕が起業し、
今では自分よりはるかに学歴の高い
エリートととも一緒に仕事をしています。

 

むしろ低学歴の僕がそのエリートに指示を出し、
僕の元で働いてもらったりもしています。

 

これって普通の会社員とかだと
なかなかにありえない現象だと思うんですよね。

 

大手の会社の役員なんかは、
高学歴の人がほとんどです。

 

学歴が低い人は、どれだけ頑張っても
高学歴の人に使われるのがオチです。

まぁ例外もあるかもですが、
かなり一般的な例です。

 

今日は学歴の人が唯一
高学歴エリートに勝てる方法を
書いていきたいと思います。

 

 

俺なんて学歴無いしなー
ってコンプレックスに感じている人は
ぜひ最後まで読んでいってください。

 

そして高学歴の人は、
この記事をソッと閉じてください。笑

不快な気持ちになってしまうかもです。

 

それでは低学歴はっしーの
学生時代のお話から始めましょう。

 

 

低学歴がコンプレックスだった大学時代

 

冒頭にも書いたんですけど、
僕はFラン大学に通っていました。

周りの友達は卍(まんじ)ばかり。

 

卍というのは言い換えれば
パリピのことです。

 

口を開けば、

「ナンパしようぜ!」

「酒飲もうぜ!」

「クラブ行こうぜ!」

この3つで会話が構成されていました。

 

これをパリピ版3種の神器といいます。

 

僕も周りに影響されて、
最底辺の学生生活を送っていました。

 

1限をサボるのは当たり前。
今振り返ってもほとんど、
友達と遊んでる記憶しかありません。

 

友達と将来の真面目な話なんて
したこともありませんでした。

 

これ、高学歴の人からしたら
想像もつかないレベルの低さだと思います。

 

ちゃんと将来のことを考えている人は
1年生の頃から就職に向けて、

インターンにいったり
自分のいきたい業界を調べたり
色々動いていますからね。

 

将来のことを
きちんと考えている人のことを、

「意識たかすぎワロタ」

とか言っている
意識低いやつっているじゃないですか。

 

それ僕です。

 

将来に不安がなかったの?
そう聞かれると不安がなかったわけではありません。

 

でももう開きなおってるんですよね。

バカだし
頭いい人に勝てるわけないし
就職もてきとうにしたらいいいっしょ

 

そんな感じでしたね。

 

いま考えても本当に
腐った考え方だと思います。笑

 

僕はせめて大学に行ったからには
なにか資格を取ろうと思って、
中高の教員免許を取りました。

 

教師になりたいというより
一番自分で取れる選択肢の中で
一番いい職業を考えた結果でした。

 

だから「自分は教師になりたいんだ」
って思い込むようにして
教職の授業を取っていましたね。

 

周りの友達も将来のことは
何も考えていませんでしたね。

 

だから就活のタイミングで
かなり焦っていました。

 

Fラン大の人って
今まで勉強を頑張ってこなかった人が
大半なので、

将来就きたい仕事とかを
ちゃんと考えている人って
本当に少ないです。

 

僕もそうだったし。

 

家庭の事情で、勉強はできるけど
行きたかった大学に行けなかった
って人もいますけどね。

 

僕はFラン大ということに
少なからずコンプレックを持っていました。

「どこの大学に通ってるん?」

ってバイト先とかで聞かれたとき、
自分の通っている大学名を言うのが
恥ずかしかった記憶があります。

 

「京大卒です(キリッ)」
って言えるバイト先の後輩が
ちょっとうらやましかったりしました。

 

まぁその京大生は
全く仕事ができなかったんですけど。

 

 

そんな学生生活を送っていた僕は
就活でも苦労しました。

 

 

高学歴は就活強すぎ問題

 

 

そんな体たらくな学生だったので
当然就活もうまくいくわけがなく、
かなり苦労しました。

 

ちなみに僕は教員採用試験に落ちちゃって、
4年生の8月頃に急いで就活を始めました。

 

で、とりあえず
就活を始めることになったんですけど、
僕は大手に企業に就活を挑みました。

 

就活の準備も何もしてなかったんですけど、
大企業に挑戦してみたかったんですよね。

 

自分がどれだけ通用するのか知りたい!
みたいな感じで。

 

 

結果は全落ち。
説明会の15秒の自己PRで、
選考から落とされるなんてこともありました。

 

大手の説明会とか選考に行くと、
周りがエリートばっかりでしたね。

 

「京都大学で◯◯の研究をしています!」

みたいなエリートもいれば、

「ラグビーで全国大会に出場しました!」

みたいな文武両道すぎる人もゴロゴロいました。

 

そんな中で僕は、

「元気なのが取り柄です!」

とか言ってたのでそりゃ落ちるよなと。

 

 

しかも大手の役員とかって
高学歴の人が多いわけです。

 

すると同じ大学出身って
1つの武器になったりします。

 

僕の友人は就活の時、
人事の人が同じ大学出身で、
すごく話が盛り上がったみたいで、

それで面接がぽんぽん通った
って言ってましたね。

 

就職してからも、
低学歴の人と高学歴の人が
同じ会社に入った場合

出世しやすいのは高学歴の人です。

 

高学歴の人が上に君臨している場合多いので、
よっぽど天才的に能力がない限り、
学歴で見られる傾向があります。

 

起業してから出会った、
高学歴の実業家の社長と話した時

 

「大事な仕事は低学歴には任せられない」
って言ってたんですよね。

 

やっぱり社会の仕組み的に
そうなってるんだなと。

 

じゃないと、真面目に勉強を頑張って
頭のいい大学に行く必要ないですしね。

 

 

就活を通して
さらに僕は自信を失いました。

 

まぁでも今まで
努力をしてこなかったツケだな、
って今までの人生を後悔しましたね。

 

勉強も部活も何も頑張って来なかった自分が
今まで必死に努力をしてきた人たちに
勝てるわけがなかったんです。

 

自分の人生は真っ暗闇の中を
手探りで歩いているような
感じがしました。

 

そんなとき、
僕はネットビジネスと出会います。

 

 

人生を逆転するには起業しかない

 

 

僕はビジネスを始めてから
いろんな業界の成功者と会いました。

 

アパレルブランドのオーナーや
だれもが知っている事業の社長、
20台前半で億を売り上げる若手の経営者、

などなど、挙げだしたらキリがないです。

 

もちろん高学歴な社長もいましたが、
僕が出会った成功者たちは、
中卒や高卒、大学中退など

学歴が低い人の方が
はるかに多かったんです。

高卒で年商10億クラスの会社を
経営してたりします。

 

僕はある社長さんに
こんなことを言われました。

「優秀な社員になるスキルと優秀な経営者になるスキルは別物」

僕はこの言葉を聞いて確信しました。
学歴が低い人が人生逆転する道は起業しかない、と。

 

大学の時点で負けているなら、
別の土俵で戦うしかありません。

 

その社長さんの元には
優秀な高学歴エリートたちが、
たくさん社員として集まっています。

 

低学歴な人が高学歴の人を使いこなす、
という異常な光景です。

 

その社長さんは、
時間もお金もあるから

 

休日は自分で決められるし、
お金も有り余っているので
欲しいものは全て手に入ります。

 

新しい事業を始めるし、
とりあえず1億ぶち込むかー
みたいな価値観です。

話を聞いていたら普通の会社員と比べるて、
はるかに楽しそうな人生を送っています。

 

優秀な会社員になっても
新卒で入って給料が2、30万が
手取りであればかなりいい方でしょう。

 

大手の会社じゃなければ、
手取りで20万がないのは当たり前だし、

残業しまくってる人が多いので、
時給換算してらかなり低いでしょう。

 

僕が今まで会った人の中で、
手取りが月7万という悲惨な人もいました。

 

休みも週に1、2日しかなく
GWなのどの大型連休に家族を連れて
遊びに行ったりしていますが、

人がごった返していて
ゆっくり羽を伸ばすこともできません。

 

 

僕はGWなどの大型連休は
遊びに行かずに家でのんびりして、

平日の昼間に、
のんびりUSJに行ったりしています。

その方が人も少ないし快適ですしね。

 

ちょっと話がそれましたが、
僕は学歴コンプレックスをぶち壊すために
勇気を出して起業しました。

 

世間体は大手企業に勤めている人の方が
いいかもしれませんが、

僕は大手企業に勤めている人より、時間もお金も
起業して初年度で手に入れることができました。

 

 

Fランこそ起業しろ!

 

僕はいま低学歴なことに、
全くコンププレックはなくなりました。

 

それはいろんな会社員の人の話を聞いてきて、
自分の選択した道の方が、
はるかに楽しいと確信しているからです。

 

「でもおれみたいなバカは起業なんて無理だよ」

そんなことを思っているあなた、大丈夫です。

 

高学歴エリートは今まで
勉強を頑張ってきたから勉強ができるだけで、

赤ちゃんの時点で決まっている
運命なんかではありません。

 

もし赤ちゃんの時点で
人生が決まるなら、
僕は人生を諦めていたでしょう。

 

家庭の環境や親の育て方、周りの友達、
などのあなたを取り巻く環境で、
自分の人生は大きく変わります。

 

メルマガでも書いているのですが
僕は劣悪な家庭環境で育ったので、
正直勉強どころではない環境でした。

 

もし親がエリートで
昔から塾に通っていたら、
僕もエリート人生を
歩んでいたかもしれません。

 

でも、「もし」とか
言ってたって未来は変わらないのです。

 

厳しいことを言うと
Fランの人は起業するしかなくね?
とまで思っています。

 

低い収入や自由に取れない時間を嘆きながら
この先の人生を送るか、起業して人生を逆転するか、

どちらの人生を歩みたいか、
改めて考えてみてほしいと思います。

 

 

今どれだけ勉強ができなくても
パソコンがいじれなくても、
あなたも起業することができます。

 

僕は本当にバカだったし、
パソコンも全くいじれなかったし、
努力も挑戦もしてこなかったです。

 

そんな僕でもできたんだから、
あとはあなたが一歩踏み出すかどうか、
それだけです。

 

ネットビジネスだと
お金もほとんどかからないし、
リスクも限りなく0にできます。

 

だから起業のハードルって、
今の時代かなり低いんですよね。

 

そこらへんはメルマガや僕の書籍で
詳しく書いているので興味があれば
ぜひのぞいてみてください。

有料級のことを無料で学べます。

 

 

だから、Fランの人は起業して、
エリート顔負けの力を付けようぜ
って話でした。

 

今日はこのへんで。
それではー!

 

 

 

無料でビジネスが学べる講座を配信しています

 

僕はビジネスを始めた初年度で
年商2000万以上を稼いでいます。

 

才能もなかったし何も取り柄がないことが
コンプレックスの人生を送ってきました。

 

今まで何も努力をしてこなかったし、
家も貧乏で友達も少ない、
本当にどうしようもないやつでした。

 

そんな僕が就職から逃れるために
ビジネスを始めたところ、
初月で30万円を稼ぎ
ビジネス1本で食っていけるようになりました、

 

ちょっと稼いで調子乗って
ダラダラしてしまったこともありますが、

 

今はビジネスに本気で取り組み、
戦略の立て方や
億万長者の思考法
お客さんに喜んでもらえるマーケティング
などを学び、

 

一生食っていけるスキルを
身につけることができました。

 

そんな経験から、
きちんと思考や知識を身につければば
誰でも起業家として思い通りの人生を
デザインできると確信しています。

 

僕の今年の目標は
「起業家を100人増やす」
というもので、

 

自分の作った仕組みだけで
食っていけるようになる人を
たくさん輩出したいと本気で思っています。

 

そうすると現状に不満を持つ人が減り
夢や希望に満ち溢れた人が増え
日本がもっと活気付くと思っているからです。

 

何よりもそんな仲間を増やして
世界中を飛び回れたら楽しいだろうな、と
今のうちからワクワクしています。

 

その思いから、
僕がどんな経緯をたどって
ビジネスで食っていけるようなったのか、

 

またあなたが今後どうすれば
ビジネス1本で生計を立てられるようになったのか、
自分の力だけで生きていくことができるのかを、
電子書籍の中で書いています。

 

→電子書籍『1ヶ月起業のすゝめ』を読んでみる

 

メールアドレスを入力するだけで受け取れます。

 

感想を送ってくれた方には
ささやかながら、
プレゼントも用意していますので

ぜひ受け取ってみてください。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。