アインシュタインの、

「いかなる問題も、それをつくりだした同じ意識によって解決することはできない。」

という言葉に出会ったとき、
僕はハッとしました。

 

この言葉、どういう意味かわかりますか?

ちょっと難しいと思うので説明しますね。

 

例えばあなたの目標が
副業で月収30万稼ぐことだとします。

でも、うまくいってないとするじゃないですか。

そういうとき、自分の頭で
解決しようとしてはいけないということです。

 

なんでかっていうと、
もしあなたの現状の能力で
月収30万を稼ぐことができるのであれば、

その壁にぶつかるはずがないからです。

 

つまり、

30万も稼げない脳みそで
必死にアレコレ考えたところで、
マトモな解決策が出るはずがないのです。

 

まさに、

いかなる問題も、それをつくりだした同じ意識によって解決することはできない。

ですね。

 

 

じゃあどうやって問題解決したらいいの?
っていうと、

自分がぶちあたってる壁を
すでに突破している人の意識で
解決すればいいんです。

 

この場合、月収30万を稼いでいる人に
アドバイスをもらえばいいということになりますね。

 

実際に僕が問題に直面したとき、
自分で解決しようなんて絶対にしません。

すでに成功してる人の脳みそを頼ります。

 

ビジネスを始めたときは
すぐに情報教材やコンサルを買ったし、

伸び悩んでるなーと思ったときは
すぐに自分より稼いでいる人からコンサルを受けました。

 

だから、1ヶ月目から30万を稼ぎ
すぐに独立できたのです。

すでにうまくいってる人の脳で考えられるので
迷うことがないですからね。

 

でも、ほとんどの人は
自分の脳みそで問題を解決しようとします。

 

「自分なりにやってみます!」

と言ってビジネスに挑戦する人がいますが
うまくいってる人をこれまでに
1人も見たことありません。。

 

やっぱりうまくいくのは
自分の頭で解決しようとせず
先人の知恵を借りる人ですね。

 

 

これはビジネスだけではなく、
あらゆる面で同じことが言えます。

 

恋愛でも勉強でもスポーツでもなんでも、
問題に直面してるなら自分の頭で考えてはいけません。

 

 

例えば20年間彼女ができたことがないのに、

「どうやったら彼女できるだろう?」

って考えるのは時間の無駄です。

自分で解決できるなら
20年間のうちに解決できてるはず。

 

この場合は彼女がいる人に

「どうやって彼女作ったらいい?」

と相談すればいいんです。

 

そうすれば、

「服変えた方がいいよー」

「出会い系使って出会いを増やした方がいいよー」

「合コンするけどくる?」

といったように、
自分の脳みそでは考えつかなかった
解決策を聞くことができます。

 

 

・・・ということでイマあなたが

・起業したいけどどうすればいいかわからない

・時間とお金どちらも手に入れたい

・稼いでモテたい

・ビジネスをやっているけど月収100万を超えない

という問題にぶちあたっているなら
自分で解決しようとしないでください。

 

そこらへんはプロの僕が
メルマガで解決策を話しているので、

ぜひ学んでいってもらえたらと思います。

 

それでは!

 

無料でビジネスが学べる講座を配信しています

 

僕はビジネスを始めた初年度で
年商2000万以上を稼いでいます。

 

才能もなかったし何も取り柄がないことが
コンプレックスの人生を送ってきました。

 

今まで何も努力をしてこなかったし、
家も貧乏で友達も少ない、
本当にどうしようもないやつでした。

 

そんな僕が就職から逃れるために
ビジネスを始めたところ、
初月で30万円を稼ぎ
ビジネス1本で食っていけるようになりました、

 

ちょっと稼いで調子乗って
ダラダラしてしまったこともありますが、

 

今はビジネスに本気で取り組み、
戦略の立て方や
億万長者の思考法
お客さんに喜んでもらえるマーケティング
などを学び、

 

一生食っていけるスキルを
身につけることができました。

 

そんな経験から、
きちんと思考や知識を身につければば
誰でも起業家として思い通りの人生を
デザインできると確信しています。

 

僕の今年の目標は
「起業家を100人増やす」
というもので、

 

自分の作った仕組みだけで
食っていけるようになる人を
たくさん輩出したいと本気で思っています。

 

そうすると現状に不満を持つ人が減り
夢や希望に満ち溢れた人が増え
日本がもっと活気付くと思っているからです。

 

何よりもそんな仲間を増やして
世界中を飛び回れたら楽しいだろうな、と
今のうちからワクワクしています。

 

その思いから、
僕がどんな経緯をたどって
ビジネスで食っていけるようなったのか、

 

またあなたが今後どうすれば
ビジネス1本で生計を立てられるようになったのか、
自分の力だけで生きていくことができるのかを、
電子書籍の中で書いています。

 

→電子書籍『1ヶ月起業のすゝめ』を読んでみる

 

メールアドレスを入力するだけで受け取れます。

 

感想を送ってくれた方には
ささやかながら、
プレゼントも用意していますので

ぜひ受け取ってみてください。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。