「今年こそ本気を出そう!」

何回同じ決意をしたかわかりません。

 

1日1日を大切するべきなんて
当たり前にわかっているけど、
気づいたら忘れてますよね。

 

仕事とか飲み会とか遊びとか、
日々の忙しさに忙殺されて、

気づいたらこれまでと変わらない
毎日を送ってるのがオチです。

 

 

僕は何かに打ち込んでいる人を見ると
すごく羨ましいなと思っていました。

筋トレ、テニス、サッカー、ギター、
なんでもいいんですけど、

何かに打ち込んでる人って
キラキラしてるじゃないですか。

 

同じ24時間を過ごしてるのに
密度が違うというか。

 

人が努力している間、
僕はダラダラ漫画読んだり、
友達とダラダラ話してました。

 

心の中では、

「何か頑張りたい!1日を全力で生きたい!」

そう思ってはいたのですが、
頑張る気力が湧かなかったのです。

 

 

そんな僕ですが、
今では毎日を全力で生きることができています。

 

成功者のマインドに触れまくることで
思考が変わったのです。

 

なので、このブログやメルマガでは、
僕が影響を受けた人や考え方について
シェアしていきますね。

 

昔の僕のように
現状にモヤモヤしている人は
ぜひ色々見てみてください。

心の霧が晴れていくと思いますので!

 

 

で、今日は僕が起業初期に見て
今でも心に刻んでいる考え方を
お伝えしようと思っています。

 

それがダルビッシュ選手の
この考え方です。

 

 

これを初めて見たとき、
めちゃめちゃ衝撃を受けました。

「こんな考え方で生きてるんや。。」って。

 

この想像力というか妄想力というか、、
凡人には思いつかないですよね。

 

 

それで僕も考えてみたんです。

ろくに努力も挑戦もせず、
小太りのイケてない40代になった自分を。

 

じゃあやっぱり

「しぬほど激しく後悔するやろな。。」

と思いましたね。

 

挑戦しなかったこと、

周りの目を気にしたこと、

若いときに無茶しなかったこと、

努力しなかったこと、、

なにもかも後悔するやろなと。

 

僕がもし起業してなければ
その後悔は現実になったはずです。

 

そして、後悔してる自分が、
神様のおかげで今に戻ったとしたら、

僕はいったい何をするだろう?と
考えてみたんです。

 

じゃあ、

「挑戦するしかないやんけ。」

「会社で働いてる場合とちゃう。。」

ってなったので、
内定を辞退し起業したのです。

(あくまでも僕の場合。)

 

 

毎日この話を思い出せば
頑張れそうじゃないですか・・・?

 

クソみたいにダラダラしてる日に
この話を思い出してみてください。

 

後悔まみれのジジイになった自分が
一度だけチャンスをもらったとしたら、

果たして今日みたいな1日を送るだろうか?

 

こう考えると、
自分を客観的に見ることができるので、
行動を修正しやすいです。

 

 

ダルビッシュは間違いなく
一流の選手です。

 

僕は野球に詳しくありませんが、
彼はマインドから一流なんだろうなと。

 

どの分野のプロも、
上に行けば行くほど
マインドがしっかりしてるので、

僕もインストールしていこうと
思っています。

 

 

ちなみにこのツイート、
ダルビッシュからもリプがきていました。

 

僕は毎日この話を思い出して、
1日を大切に生きます。

 

40になったとき、

「全力で走ってきたんやから若返りたくないわw」

って心から言えるように。

 

無料でビジネスが学べる講座を配信しています

 

僕はビジネスを始めた初年度で
年商2000万以上を稼いでいます。

 

才能もなかったし何も取り柄がないことが
コンプレックスの人生を送ってきました。

 

今まで何も努力をしてこなかったし、
家も貧乏で友達も少ない、
本当にどうしようもないやつでした。

 

そんな僕が就職から逃れるために
ビジネスを始めたところ、
初月で30万円を稼ぎ
ビジネス1本で食っていけるようになりました、

 

ちょっと稼いで調子乗って
ダラダラしてしまったこともありますが、

 

今はビジネスに本気で取り組み、
戦略の立て方や
億万長者の思考法
お客さんに喜んでもらえるマーケティング
などを学び、

 

一生食っていけるスキルを
身につけることができました。

 

そんな経験から、
きちんと思考や知識を身につければば
誰でも起業家として思い通りの人生を
デザインできると確信しています。

 

僕の今年の目標は
「起業家を100人増やす」
というもので、

 

自分の作った仕組みだけで
食っていけるようになる人を
たくさん輩出したいと本気で思っています。

 

そうすると現状に不満を持つ人が減り
夢や希望に満ち溢れた人が増え
日本がもっと活気付くと思っているからです。

 

何よりもそんな仲間を増やして
世界中を飛び回れたら楽しいだろうな、と
今のうちからワクワクしています。

 

その思いから、
僕がどんな経緯をたどって
ビジネスで食っていけるようなったのか、

 

またあなたが今後どうすれば
ビジネス1本で生計を立てられるようになったのか、
自分の力だけで生きていくことができるのかを、
電子書籍の中で書いています。

 

→電子書籍『1ヶ月起業のすゝめ』を読んでみる

 

メールアドレスを入力するだけで受け取れます。

 

感想を送ってくれた方には
ささやかながら、
プレゼントも用意していますので

ぜひ受け取ってみてください。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。