どうも、はっしーです。

 

コピーライティングを学んでも、
文章力は上がりませんよ、

って話をします。

 

 

一応軽く触れておくと、
コピーライティングとは

「人を動かす文章力」のことです。

 

国語の授業で習うような文章ではありません。

 

 

もし単なる文章力のことなら、

学校の勉強を頑張ってきた人ほど、
ライティング力があるってことになりますからね。

 

実際、コピーライティングは、
正しい日本語を書くスキルではありません。

 

 

 

ライターはコピーライティングスキルが高いのか?

 

 

よく疑問に思うんですけど、

「ライター養成講座」

みたいなのあるじゃないですか。

 

 

そこでコピーライティングを学んだ人が、
企業や外注先で仕事を受けるんですけど、

「そんなライティング力ついてないんじゃね?」

ってぶっちゃけ思ってます。

 

 

だって本当にライティング力あるなら、
自分でビジネスしたらいいやん
って思うんですよね。

 

 

でも、自分で稼ぐほどのスキルがないから、
1文字1円とか2円で仕事を受けるわけです。

 

 

 

正直、僕はコピーラティングの勉強は
全くしてきていません。

 

ちょっと勉強するようになったのも、
文章で稼げるようになった後です。

 

でも文章だけで、
数十万もする商品をポンポン売ってきました。

 

 

そんな僕の文章に、

「涙が出ました。」とか、

「毎日はっしーさんのメルマガ読むのが日課です!」

ってメールをたくさんいただきます。

 

 

なぜ、

全くライティングの勉強をしていない僕が
文章で強烈に人を動かすことができて

しっかりお勉強した人が
安く買い叩かれているのでしょうか。

 

 

その理由をお教えします。

 

 

 

コピーライティングのためのコピーライティングになっている

 

いかにも

「コピーライティングを勉強してます!」

って人のブログを見るといつも思うのですが、

 

一言でいうとキモいんです。笑

 

 

 

ライティングについて調べると、
◯◯の法則とか◯◯法とか色々出てきます。

 

なんかそういうのを意識しすぎて
違和感のあるキモい文章になってるんですよね。

 

それに、ロボットのような量産型の記事ばっかり。

 

 

なんていうんだろう、、
全く人間味を感じないんですよね。

 

 

ライティングを勉強する理由ってなんですか?

 

「文章書く のが趣味です」

って人以外は、
コピーライティングのスキルを
お金を稼ぐことに繋げたいはずです。

 

 

それなのに、
コピーライティングのための
コピーライティングになっている人が多い。

 

テクニックを使うこと自体が
目的になってる感じですね。

 

 

これは、ビジネス本を読んで
内容を全く覚えていないのと同じで、
無意味です。

 

 

コピーライティングを
ビジネスに繋げたいなら、

コピーライティングだけ勉強するのはやめましょう。

 

 

コピーライティングを勉強しても文章力は上がらない

 

僕はそもそも、
コピーライティングを勉強しても
文章力は上がらないと思っています。

 

 

正確に言うと、

コピーライティング”だけ”
勉強しても文章力はつかないということです。

 

 

僕の知り合いで、

コピーライティングを全く勉強していないのに、
文章だけで月に数100万稼ぐ人もいれば、

必死に勉強しているのに
一円も利益が出ない人もいます。

 

 

これなんの違いかっていうと、

「人の心理をわかってるかどうか」

の違いです。

 

 

コピーライティングは
”人を動かす”ことが目的なので、
人の欲や人の心理の理解が必要です。

 

 

「どうすれば人は文章を読むのか?」

「どうすれば人は信用するのか?」

「どうすれば人は動くのか?」

「なぜ商品は売れて、どうすれば売れるのか?」

 

を深く理解する必要があるのです。

 

 

つまるところ、コピーライティングは、
「人間を勉強する」のが本質です。

 

 

だから、◯◯法則を使ったから人が動く、
なーんて単純なものじゃないのですよ。

 

 

人はもっと情緒的な生き物だし、
リアルのコミュニケーションと同じです。

 

人と話すときに

「◯◯の法則を使おう!」

ってしないじゃないですか。

 

 

もっと大事なのは、
本当に見込み客の気持ちに寄り添った
文章を書くことです。

 

 

ネットもリアルも、

人の気持ちがわからないやつは
何をしてもうまくいかないし、

人の気持ちがわかるやつは
うまくいきます。

 

 

ライティングをテクニックで考えてる人は
せいぜい外注先にしかなれないでしょう。

 

 

では、どうすれば本当の意味で
人を動かせる文章が書けるのか?

 

 

それはマーケティングを学べば解決します。

 

 

マーケティングを学べばビジネスはうまくいく

 

ライティングを学ぶより、
マーケティングを学ぶ方が
ライティング力がつきます。

 

 

僕は月収300万を稼ぐのに学んだのは
マーケティングです。

 

 

マーケティングを勉強すればわかりますが、
人の心理をめちゃくちゃ汲み取ることになるので
自然と人を動かす文章が書けるようになります。

 

 

人の気持ちがわからないと
商品は売れないですからね。

 

 

 

実はマーケティングって簡単で、例えば、

コミュ力は高いけど新しい出会いがなくて
彼女ができない人に、

「出会い系とか街コンで出会い増やせば?」

ってアドバイスする感じ。

 

 

で、その人に、

「はい、こっから出会い系登録してくれたら使い方教えるよ〜」

ってアフィリエイトでもすれば
それだけで5千円くらい儲かります。

 

 

悩んでる人に対して、

「これで解決できるんじゃね?」

っていう提案を相手に寄り添って
やってあげるだけです。

 

 

それだけの話なんですけど、
人の気持ちがわからない人は、

「まず会話術を学びましょう」

みたいな的外れなアドバイをしてしまいます。

 

 

そして検討外れの主張をして、
お客が求めていない商品を売ろうとするから、

売れないのです。

 

 

ライティングしか学んでない人が陥りがちな
自己満野郎パターンです。

 

 

 

優秀な営業マンだったり、
恋愛経験が豊富だったり、
コミュ力が高い人は、

元々ここら辺の感性が鋭かったりします。

EQが高いからですね。

 

相手の感情を動かしたり、
気持ちを汲み取ることに長けている人は強いです。

 

こういう人はライティングの勉強をしなくても、
人の心に響くような文章が書けたりします。

あとは飲み込みがすごく早かったり。

 

 

 

まぁ感覚だけでは限界があるので、
何れにせよマーケティングは学びましょう。

 

 

ライティングだけを勉強するより
よっぽど儲かるし、文章力もつきます。

 

 

それに、マーケティングを学んでから、
コピーライティングの勉強をすれば、

理解度が何倍も高まると思いますよ。

 

 

これは英語を話せる人が、
次の言語も習得しやすいのと似ています。

 

 

「人間心理の理解」という点は同じなので、
点と点が線で繋がるのです。

 

 

ビジネスで食っていきたいなら、
本読んで勉強した気になってないで、

マーケティングを学んで
実践してみましょう。

 

その方がよっぽど成功の近道です。

 

 

僕のメルマガでマーケティングについて学べるので
興味があれば登録してみてください。

 

 

 

では!

 

無料でビジネスが学べる講座を配信しています

 

僕はビジネスを始めた初年度で
年商2000万以上を稼いでいます。

 

才能もなかったし何も取り柄がないことが
コンプレックスの人生を送ってきました。

 

今まで何も努力をしてこなかったし、
家も貧乏で友達も少ない、
本当にどうしようもないやつでした。

 

そんな僕が就職から逃れるために
ビジネスを始めたところ、
初月で30万円を稼ぎ
ビジネス1本で食っていけるようになりました、

 

ちょっと稼いで調子乗って
ダラダラしてしまったこともありますが、

 

今はビジネスに本気で取り組み、
戦略の立て方や
億万長者の思考法
お客さんに喜んでもらえるマーケティング
などを学び、

 

一生食っていけるスキルを
身につけることができました。

 

そんな経験から、
きちんと思考や知識を身につければば
誰でも起業家として思い通りの人生を
デザインできると確信しています。

 

僕の今年の目標は
「起業家を100人増やす」
というもので、

 

自分の作った仕組みだけで
食っていけるようになる人を
たくさん輩出したいと本気で思っています。

 

そうすると現状に不満を持つ人が減り
夢や希望に満ち溢れた人が増え
日本がもっと活気付くと思っているからです。

 

何よりもそんな仲間を増やして
世界中を飛び回れたら楽しいだろうな、と
今のうちからワクワクしています。

 

その思いから、
僕がどんな経緯をたどって
ビジネスで食っていけるようなったのか、

 

またあなたが今後どうすれば
ビジネス1本で生計を立てられるようになったのか、
自分の力だけで生きていくことができるのかを、
電子書籍の中で書いています。

 

→電子書籍『1ヶ月起業のすゝめ』を読んでみる

 

メールアドレスを入力するだけで受け取れます。

 

感想を送ってくれた方には
ささやかながら、
プレゼントも用意していますので

ぜひ受け取ってみてください。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。