僕はこれまで集中力がないことに、
ひどく悩んできました。

 

勉強ができなかったのも、
学校の宿題ができなかったのも、
大学の課題が進まなかったのも、

集中力がないのが大きな要因だった、
と思っています。

(あと、諦めっぽい)

 

机に向かっても
すぐにボーッとしちゃうんですよね。

 

マジで勉強しようと思っても、
5分も集中力が持ちません。笑

 

 

夏休みの宿題も、
数日前に徹夜して終わらせるような、
そんな感じのヤツでした。

 

限界まで追い込まれないと、
やる気にならないんですよね〜〜。

 

 

黙々と勉強してる人を見たら、

「あ、この人ドMなんだろうな」

と思っていました。

 

勉強なんてクソつまらんのに、
毎日何時間も頑張れるなんて同じ人間?信じられへん!

という、

「クソはお前の脳みそだよ!!」

と罵られそうな考え方をしていたため、
ぼくは無事にFラン大に出荷されたわけですね。

 

因果応報ってやつ。

 

 

とまぁ、そんな僕ですが、
ビジネスは割とすんなり結果が出ました。

 

ビジネスの作業は割と集中してできたんですよね。

 

なんでかなぁって考えたら、
けっこう重大なことに気づいてしまったかもしれないので、
共有しておきますね。

 

 

あ、ちなみに今日は「集中力の上げ方」
について話すわけではありません。

 

 

今まで散々集中力の無さに悩んできた分、
色々話せることはあるんですけど、

今日話したいのはもう少しマインドチックな話です。

 

 

没頭できたら大体なんでもうまくいく

 

僕がビジネスの作業に集中できた理由として、

没頭できたから

というのが一番の理由だと思います。

 

 

 

これってすごく単純だけど、
なかなか意識してできることじゃないと、
思いませんか?

 

 

 

筋トレでも、勉強でも、
ビジネスでも、趣味でも、仕事でも

没頭している人は
うまくいってる印象があります。

 

 

没頭している人には、

「やらなくちゃ」

っていう考えがないわけですね。

 

だってもう夢中になってるから、
考えるより先に体が動いている、
という状態だと思うんです。

 

 

毎日いやいや筋トレをしている人と、

筋トレが楽しくてしょうがないって人、

 

継続力とか集中力とか、
そういうところに差が出るだろうし、

当然、結果に差として表れると思います。

 

 

お風呂とかご飯とか友達や彼女と遊ぶとか、
他のことを差し置いて1つのことに没頭できたら、
そりゃうまくいくよなって思いますよね。

 

 

「やらないといけない」

っていうんじゃなくて、

「やりたい!」

って思えるかどうか。

 

このマインドの差が
成功するか否かの鍵を握るんじゃないかなと。

 

そう考えているわけです。

 

 

 

僕はビジネスを始めたとき、
楽しくて楽しくてしかたがありませんでした。

 

「バイトだったら1時間働いてやっと850円やのに、1件アフィリエイトの成約取れたら5000円やんけ!やべぇ!!楽しい!楽しすぎる!!」

 

という状態。

 

あのときの高揚感は今でも忘れられません。

 

 

一切、盛らずに言いますが、
正直人生で一番、、興奮しました。

 

 

定年まで会社員として
働くしかないよなって、
人生を諦めていましたから。

 

ネットビジネスの存在はぼくにとって、
カンダタにおろされた蜘蛛の糸でした。

そして、ぼくはカンダタさながら、
必死に地獄から抜け出そうともがきました。

(カンダタと違うところは、はっしーの場合、地獄から抜け出せたことですね!笑)

 

 

そんなマインド状態だったから、

「しないといけない」

みたいな強制感が1ミリもなかったんですよ。

 

 

朝起きたら自然と真っ先にパソコン開き、

歯磨きもご飯を食べるのも忘れて、
ずっと夢中で作業をしていました。

 

 

で、気づいたら夜。

なんてことがザラでしたね。

 

「もう8時間も経ってる!」

と、自分で驚いたものです。

 

 

正直、このゾーン状態に入れたら、
誰でもすぐに結果が出せると思うんです。

 

 

無限のやる気に無限の集中力があるわけですから、
そこらへんの、ダラダラやっている人とは
成長スピードも比較にならないでしょう。

 

 

 

でも、うまくいかない人というのは、
僕が学校の勉強に拒絶反応を起こしていたように、

ビジネスの作業を嫌々やっているから、
うまくいかないんだと思います。

 

人間、嫌なことをずっと続けるのは
簡単なことじゃありません。

 

ましてやビジネスなんて、
強制力がないわけですからね。

 

自分で自分をマネジメントする必要があるわけです。

 

 

 

とはいえ、
没頭なんてしようと思ってできるものじゃないし、
楽しいとも思えない。続かない。

 

 

そう思っている人も多いと思うんです。

 

あなたもそうかもしれませんね。

 

 

ビジネスに取り組んでいるけど、
なかなか作業を継続して続けられない。
集中できない。

 

そんなとき、
どうすればいいか?

はっしーが3年間、高いモチベーションで
ビジネス活動を継続してこれた秘訣を、

話してみたいと思います。

 

 

エンペラータイム(絶対時間)

 

あなたは自分の力を100%引き出せたら、
すぐに結果が出ると思いませんか?

 

無限の集中力、

無限のやる気、

無限の活力、

これらがあれば、
どれだけ作業が進むでしょう・・?

 

物事がうまくいかない原因なんて、
多くの場合はメンタルの問題で、
行動しなくなるから、ではないでしょうか。

 

 

多くの人は、クラピカのように
『エンペラータイム』を使うことができません。

 

本来の力の50%も出せていないでしょう。

 

 

 

でも、、僕はたどり着いてしまったのです。

 

クラピカを超えてしまったかもしれません。

 

僕はマインドを100%ぶち上げる、

『マインドエンペラータイム』

という技を編み出すことに成功してしまいました。

 

 

もちろん、
楽な道のりではありませんでしたよ。

 

自分の心臓に鎖をぶち込むほどの
苦労を乗り越えたこともあります。

 

 

そうです、

実は僕、「リスク」を負うことで、
最強のマインドを手に入れたんです。

 

 

リスクっていうのは、
何もお金の話だけじゃなくて。

 

時間をたくさん使っても、
報われないかもしれないリスク、

 

本来友人と遊ぶ予定だったけど、
作業を優先することで、
その友人と疎遠になるかもしれないリスク、

とかもリスクに挙げられると思います。

 

 

 

リスクを背負える覚悟があれば、
背負ったリスクの分だけ、
その対価が得られる確率が高まります。

 

何もリスクを背負ってない人と比べると、
覚悟が違いますから。原動力も違います。

 

 

僕はクラピカを見習って、

 

「リスクはバネ!!」

「借金と負債が大きい程、マインドは強く働く!!」

 

という考えのもと走ってまいりました。

 

 

そのおかげで、

大阪に行くノリで海外に行き、
5つ星ホテルで1日爆睡するという
贅沢な1日を過ごすことができるようになりました。

 

そうそう。これだこれ。

これが僕の求めてた自由だって。

当初想像していたより、
かなり大きな見返りを得てしまいましたね。

 

 

あなたは目標を叶えるために、
一体どんなリスクを負いましたか・・・?

 

 

僕はビジネス以外、
全てのやることを捨てたので、
ビジネスの作業以外、
本当にやることがなかったんです。

 

だから、没頭できたんだと思います。

 

ビジネスをしてなかったら、
ニートになるところでしたよ。。笑

 

 

何をやるかより何をやらないか

 

僕は何をやるかより、
何をやらないかを考えることが
大切だと考えています。

 

 

目標があるのであれば、
その目標達成に必要な行動以外は
一時的に捨てるんです。

 

僕は、「食べる」「寝る」「ビジネス」

以外やることがない、
という状態だったから、
ビジネスに集中できたんです。

 

「就職しない」という目標を叶えられるなら、
どんなことにも耐えられる、という
強い意志がありました。

 

 

だから、一時的でいいんで
他のことは捨ててください。

 

テレビ、飲み、ゲーム、漫画、
そういうのは捨てましょう。

 

だって使える時間は限られてるじゃないですか。

 

時間はあなたの使える貴重な1つのリソースです。

それを分散させてしまえば、
当然、意識もやる気も散漫してしまいます。

 

全部器用にこなしながら、
ビジネスで食っていけるようになる、
なんて都合良くはいかないですよ。

 

あなたの意志が、
他のことも捨てられないくらい
弱いものなのであれば、、、

それは、本当に叶えたいと思ってないのでは・・・?

 

 

小さい成功も成功だと認識する

 

「リスク」を取り、余計なものを「捨て」て、

やるべきことを「選択」し一点に「集中」することで、

大きなパフォーマンを発揮することができます。

 

 

ただ、ビジネスの場合、

やればやるほど自分の無力さを痛感する

ことで萎えてしまうパターンがあるんですよね。

 

 

僕はその気持ち、すごくわかります。

 

 

「おいおいこんなの、自分ができるのか?」

と最初は思ったもんです。

 

 

そういうときは、

「小さい成功も成功だと認識する」

ことをオススメします。

 

 

初めてブログを立ち上げたとき、

初めてブログ記事を書いたとき、

初めて集客できたとき、

初めて感想をもらったとき、

初収益が出たとき、

 

めちゃめちゃ自分を褒めてあげください。

そして、成長を実感してください。

 

僕もそうなのですが、
自己否定が強すぎる人、
成長欲求が強い人は、

自分を追い込みがちです。

 

「自分なんかまだまだだ!」って。

 

 

これ、諸刃の剣なんですよ。

普段は自己否定をしながら
ストイックにやってけるのですが、

やりすぎると病みます。笑

 

 

 

あと、多くの人は結果を重視しすぎです。

 

月にいくら稼げるか?

とか、そういうところばかりに目を向けがち。

 

結果というのは、

小さな成功の積み重ねで構成されます。

 

だから、過程を疎かにしてはいけません。

 

 

大きな成功も、
小さな成功の塊なんです。

 

だから、
少しずつ、少しずつ成長していくことが、
成功への王道ルートなんです。

 

 

焦らなくて大丈夫です。大丈夫。

 

 

ビジネスを始めるまで、
違う世界があることも知らなかったでしょ?

 

 

知って、始めてるだけでも、
すごいアドバンテージですよ。

 

 

同僚とか友達を見てくださいよ。

誰もやってないでしょ。

 

 

メルマガでもよく触れてますが、
急ぐあまり小手先に走って消耗している人が、
あまりにも多いです。

 

本質をしっかり捉えてビジネスをすれば、
自動化もできるようになるのが、
ネットビジネスの魅力なので、

着実に力をつけていきましょう。

 

 

そして、このままやってけばいけるな

という感覚を掴むことが大切ではないでしょうか。

 

 

結果の出る前から、
そういう確信めいたものは、

実践していたら感じてくるものですよ。

 

 

そして、その絶対的な自信が、
無限のやる気に繋がります。

 

ビジネスマインドをというのは、
この、「いける!」って感覚を掴むまでの勝負、
と言っても過言ではありません。

 

一度この確信が入れば、
ちょっとやそっとじゃ
モチベーションダウンしませんから。

 

 

ということで、
今までできなかったことが
できるようになったとき、

しっかり成長を感じるようにしてくださいね。

 

 

まとめますと

 

・没頭できたら最強

・リスクが原動力がになる

・目標達成に必要なこと以外はやらない

・過程を大事にして、自分の小さな成功を承認する

 

ここらへん、
意識してみてはいかがでしょうか。

 

あなたが没頭状態にあるなら、
今のうちに色々やりきってください。

その状態は、
何年も続くものではないかもしれません。

 

 

集中や継続が厳しく感じているなら、
他3つを意識してみてください。

 

強制力が強めですが、
めちゃめちゃやる気になると思いますよ。

 

という感じで、
今日の話を終えまする。

 

(実はクラピカのくだりをやりたかっただけなのは秘密。笑)

 

無料でビジネスが学べる講座を配信しています

 

僕はビジネスを始めた初年度で
年商2000万以上を稼いでいます。

 

才能もなかったし何も取り柄がないことが
コンプレックスの人生を送ってきました。

 

今まで何も努力をしてこなかったし、
家も貧乏で友達も少ない、
本当にどうしようもないやつでした。

 

そんな僕が就職から逃れるために
ビジネスを始めたところ、
初月で30万円を稼ぎ
ビジネス1本で食っていけるようになりました、

 

ちょっと稼いで調子乗って
ダラダラしてしまったこともありますが、

 

今はビジネスに本気で取り組み、
戦略の立て方や
億万長者の思考法
お客さんに喜んでもらえるマーケティング
などを学び、

 

一生食っていけるスキルを
身につけることができました。

 

そんな経験から、
きちんと思考や知識を身につければば
誰でも起業家として思い通りの人生を
デザインできると確信しています。

 

僕の今年の目標は
「起業家を100人増やす」
というもので、

 

自分の作った仕組みだけで
食っていけるようになる人を
たくさん輩出したいと本気で思っています。

 

そうすると現状に不満を持つ人が減り
夢や希望に満ち溢れた人が増え
日本がもっと活気付くと思っているからです。

 

何よりもそんな仲間を増やして
世界中を飛び回れたら楽しいだろうな、と
今のうちからワクワクしています。

 

その思いから、
僕がどんな経緯をたどって
ビジネスで食っていけるようなったのか、

 

またあなたが今後どうすれば
ビジネス1本で生計を立てられるようになったのか、
自分の力だけで生きていくことができるのかを、
電子書籍の中で書いています。

 

→電子書籍『1ヶ月起業のすゝめ』を読んでみる

 

メールアドレスを入力するだけで受け取れます。

 

感想を送ってくれた方には
ささやかながら、
プレゼントも用意していますので

ぜひ受け取ってみてください。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。