こんにちは、はっしーです。

 

数ヶ月ぶりに大学時代の友人からLINEが届きました。

 

今まで僕の方から何度も連絡を送っていたのに、
ずっと連絡が返ってこなかったので、

数ヶ月ぶりの返信です。

 

「返信してなくてごめんはっしー、解離性障害とうつ病が併発して、家族としか連絡取るなって医者に言われてた。」

 

ってきたので、驚きました。

 

 

というのも友人は学生時代、
バスケ部キャプテンで頭も良くて、
かなり明るいやつだったんです。

 

 

僕からしたら、

「まさかあいつが….」って感じでした。

 

 

今はほとんど完治したので、
久しぶりに会ってきました。

 

 

話を聞いてみると、
クソブラック企業で働いていたみたいです。

 

朝の5時に起きて出勤し、
家に帰ってこれるのは日付が変わる頃。

 

休日出勤も当たり前で、
家で残業もこなしていたみたいです。

 

 

彼自体は仕事にやりがいを感じていて、
収入もそれなりにあり、

一般的に社会的信用もある職業なので、
親も喜んでくれていたみたいです。

 

ただ、真面目に働いていると、
お金に余裕はあっても、
仕事に人生を捧げる生活になります。

 

 

それが自分にとっての生き甲斐だと、
思えるなら問題はないのですが・・・。

 

その友人には叶えたい夢があり、
学生時代はその夢に向かって活動をしていました。

 

できれば夢を叶えてそっちで生活したいし、
夢が叶わないとしても、
その夢を追えるだけでも十分に幸せだと考えています。

 

 

ただ、今は仕事が忙しすぎて、
自分に使える時間なんて全くありません。

 

自分に時間を使うのも、
夢を叶えるのも夢のような話です。

 

 

それなのに年齢だけ重ねていき、
気づいたらもう会社に勤めて3年が経っていました。

 

彼は実家の跡を継がないといけないので、
30になる頃には実家に帰らないといけません。

 

 

となると、好きなことに挑戦するチャンスは、
あと5年しかないみたいです。

 

そんな状況にかなりストレスが溜まったらしく、
職場で突然倒れてしまったようでした。

 

 

やりがいがあるとはいえ、
仕事の内容自体が好きなことではないみたいで、
このまま5年も働くことに違和感を感じるし、
すごく焦るそうです。

 

 

そんな状態なら、

「今すぐやめたら?」

って思ってしまいます・・・。

 

でも今はコロナの影響で
興味のある会社はどこも募集をしていないみたいです。

 

 

彼は昔から責任が強いのもあるし、
真面目でリスクを恐れる性格なので、
会社を辞める踏ん切りがつかないそう。

 

めちゃくちゃ義理堅いヤツなので、
不満があっても、
責任を自分に求めて成長しようとするし、

上司から期待されてるのもあって、
他人に悪く思われるのを人一倍嫌がる傾向があります。

 

「会社を辞めるのは逃げてる感じがする」

とか言っていたので、
昔から変わってないな〜って思いました。

 

 

そういう我慢強さや責任感、
忍耐強さというのは素晴らしいし、
そういうところを尊敬しています。

 

たしかに、嫌なことからすぐに逃げる人は
何をしてもうまくいかないでしょう。

 

 

日本人は特に、
この責任感が強い人が多いです。

 

ただ、その素晴らしい素質がときに
自分の首を締めることになるのです。

 

 

彼は仕事が辛いと思いつつ頑張った結果、
うつ病になってしまい、
休職するハメになりました。

 

今は復帰したみたいですが、
半年間は自宅で療養し、
病院に通っていたみたいです。

 

 

彼は、

「メンタルが弱いって思われるの恥ずかしいから、まだお前にしか言えてない」

って言っていました。

 

うーん、、精神を病んでしまうほど頑張って、
誰にも相談できんかったんやなぁと思うと、
もっと話聞いてやればよかったな。

 

「職場の人に迷惑をかけたから、休んでたぶんを取り返さないと」

って張り切ってる彼を見て、
複雑な気持ちになりました。

 

 

まぁ流石に今回の件でまずいと思ったらしく、
念のため副業とかビジネスも探しているみたいですが、

かなり慎重なヤツなので、
どうにも一歩が踏み出せないみたいで。

 

それで相談したいのもあって、
僕に連絡をしてきたらしいです。

 

僕が大学を卒業する直前にビジネスを始めて、
ある程度稼いでることを話してましたからね。

 

 

「アドバイスするしやってみたら?」

って言ったんですけど、

 

上司からは、

「この会社に君が必要。これからも一緒に頑張ろうな!」

みたいに熱く語られてるらしく、、、笑

 

かなり揺れ動いているみたいでした。

 

 

僕は彼に、

「ホンマにやりたいことってなんなん?」

と聞いてみました。

 

 

すると即答で

「夢を追いたい」

って返ってきたんですね。

 

 

じゃあもう答え出てるやんって思うんですよ。

 

 

全人類に当てはまることだと思うのですが、
究極人生の目的って、

”幸せになること”だと思います。

 

 

勉強するのも、
いい会社に就職するのも、
家庭を持つのも、夢を追うのも、

幸せを実現するためです。

 

 

家の跡を継ぐことが決まってるから、
とにかく夢に向かって挑戦すること自体が、
彼にとっての幸せです。

 

そして、もしうまくいけば、
副業としてそっちでも稼ぎたい、
そう思ってると言っていました。

 

つまり、その夢が仮に叶わなくても、
そっちで収益が出ないとしても、
彼が本当に魂を燃やせることに挑戦できるのが、
本当にしたいことです。

 

 

その人生の目的を叶えるのに、

嫌な仕事を頑張り続けるのは、
良い選択だと言えるでしょうか。

 

僕には全くそうは思えません。

 

彼は激務のまま、
遊ぶ時間も夢を追う時間も
与えられないでしょう。

 

役職も上がっていきますし。

 

 

そうなればさらに責任も重くなるし、
彼の性格を考えたときに、
もっとやめづらくなると思います。

 

 

実家の跡を継いだら、
今度は経営者として激務が待っています。

 

だから、自由にできる今のうちに、
やりたいことやるべきではないでしょうか。

 

このままだと、老人になるまで
夢を追うこともできず、
悔しい思いをすることになるでしょう。

 

 

限られた人生のうち、
若いときの時間が一番大切だと思っています。

 

人生の中でもっとも大切な数十年を
やりたくないことに捧げるのは
どうしても勿体ないと感じます。

 

ずっと健康でいられる保証もないわけですし。

 

 

彼の目標を叶えるのはいたって簡単で、

1、今すぐ仕事をやめる

2、バイトしながら夢を追う

これをすればいいだけです。

 

 

人生にモヤモヤを抱えている人って、
頑張りどころを間違っているんじゃないかと思うんですよ。

 

彼もそうです。

 

 

受験勉強をがんばったり、
上司へのごますりをがんばったり、
部活をがんばったり、
いい恋人探しをがんばったり、
色々あると思うんですけど、

 

頑張りどころを間違えしまえば、
取り返しのつかないことになります。

 

 

頑張りどころっていうのは、
”自分が幸せになること”
以外にありません。

 

 

彼のように、
幸せになる見込みのないことをやれば、

幸せからどんどん遠ざかっていきます。

 

 

彼がやるべきことっていうのは、
自分の目標を達成するために
どうすればいいか?を考えて、

行動に移すことです。

 

ビジネスでも同じで、
頑張りどころを見極めるのが本当に大切です。

 

例えばネットワークビジネスをやってる人は、
自由になれないと薄々気づいていながらも、
歯を食いしばってやり続けたりします。

 

今までやってきたことを辞めるのって
勇気がいりますからね。

 

その気持ちはすごくわかるんです。

 

 

でも、勇気を持って
切り捨てることも大切です。

 

「これ可能性ないな」

って思ったらすぐに辞めるべきです。

 

じゃないと時間だけじゃなくて
色々なものを失います。

 

 

彼の場合は、人生の時間だけでなく、
夢を追うための時間もそうだし、
挑戦するための体力や勇気もどんどん失われています。

 

 

起業をしたり、転職をしても、
理想の生活が遅れるとは限りません。

 

ただ、うつ病になってしまうくらい
精神を病むよりは、

幸せな毎日が送れるんじゃないかと思います。

 

 

普通に食っていけて、夢追う時間を確保するって、
そんな贅沢な願望じゃないですよね?

 

少し勇気を出して一歩踏み出せば
誰でも実現できる目標です。

 

 

 

もちろん会社を辞めれば
収入も減るし、色々な人に反対されるし、
夢を追うための準備なんかもあり、

苦労することも多々あるでしょう。

 

 

でも、人生で一番最悪なのって、

「あーあのとき挑戦しておけばよかったな」

って後悔しながら死んでいくことじゃないでしょうか。

 

 

僕は後悔する人生を送ることが、
最大のリスクであり、デメリットだと思っています。

 

 

自分の人生の目的を考えたとき、
今頑張っていることは、
理想の未来に繋がっているのか?

 

実は色々なものを失っているのではないか?

 

他に方法はないのか?

 

それを考えてみることが大切です。

 

自分が頑張るべきところはどこか?

それを今一度自分に問いかけてみてください。

 

無料でビジネスが学べる講座を配信しています

 

僕はビジネスを始めた初年度で
年商2000万以上を稼いでいます。

 

才能もなかったし何も取り柄がないことが
コンプレックスの人生を送ってきました。

 

今まで何も努力をしてこなかったし、
家も貧乏で友達も少ない、
本当にどうしようもないやつでした。

 

そんな僕が就職から逃れるために
ビジネスを始めたところ、
初月で30万円を稼ぎ
ビジネス1本で食っていけるようになりました、

 

ちょっと稼いで調子乗って
ダラダラしてしまったこともありますが、

 

今はビジネスに本気で取り組み、
戦略の立て方や
億万長者の思考法
お客さんに喜んでもらえるマーケティング
などを学び、

 

一生食っていけるスキルを
身につけることができました。

 

そんな経験から、
きちんと思考や知識を身につければば
誰でも起業家として思い通りの人生を
デザインできると確信しています。

 

僕の今年の目標は
「起業家を100人増やす」
というもので、

 

自分の作った仕組みだけで
食っていけるようになる人を
たくさん輩出したいと本気で思っています。

 

そうすると現状に不満を持つ人が減り
夢や希望に満ち溢れた人が増え
日本がもっと活気付くと思っているからです。

 

何よりもそんな仲間を増やして
世界中を飛び回れたら楽しいだろうな、と
今のうちからワクワクしています。

 

その思いから、
僕がどんな経緯をたどって
ビジネスで食っていけるようなったのか、

 

またあなたが今後どうすれば
ビジネス1本で生計を立てられるようになったのか、
自分の力だけで生きていくことができるのかを、
電子書籍の中で書いています。

 

→電子書籍『1ヶ月起業のすゝめ』を読んでみる

 

メールアドレスを入力するだけで受け取れます。

 

感想を送ってくれた方には
ささやかながら、
プレゼントも用意していますので

ぜひ受け取ってみてください。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。