こんにちは、はっしーです。

 

Twitterでリプを送りまくったり、

読者と交流したり、

直接会ったり電話をしたり、

 

そういうことをしないとファンは作れないのか?

商品は売れないのか?

というと、全くそんなことはありません。

 

 

僕の読者さんからときどき、

 

「はっしーさんはこれまでにどれだけSNSでリプを送っていましたか?」

「懇親会とかどれくらいの頻度で開きましたか?」

「やっぱり直接交流しないとファンってできないですかね?」

 

っていう質問をいただきます。

 

 

この質問に対して結論からいうと、

熱心なコミュニケーションを取らなくても、
ファンはできるし商品も売れます。

 

 

人によっては驚きかもしれませんね。

 

Twitterとか見てると、
コミュニケーションを取って
ファンを増やそうとしてる人が目につきますし。

 

 

でも、ネットビジネスって、
在宅で一人でもできるってところに魅力を感じて、
始めた人が多いのではないでしょうか?

 

場所にも時間にも人間関係にも縛られない、
それがネットビジネスのいいとろこだと思っています。

 

それなのに、
稼ぐために大量のやり取りをし、
電話や対面をする必要があるのなら、

せっかくの魅力が台無しですよね。

 

なんだかフルコミッションの営業マンみたいです。

 

 

まず、田舎の人だと直接人と会うのが難しいし、
コミュニケーションが苦手な人もいるし、
知らない人と会いたくない人もいるでしょう。

 

 

僕も自由になりたくてネットビジネスを始めたので、

「Twitterで大量にリプしよう!」

「たくさん繋がろう!」

みたいなスタンスの人を見ると、

無理してるんじゃないかな?

そうしないと稼げないと思ってるんじゃないかな?

 

と感じましたの、
今回この記事を書くことにしました。

 

直接的なコミュニケーションがなくても
ファンが作れて商品が売れる理由について、
詳しく話していきますね。

 

 

直接コミュニケーションを取らなくても稼げる

 

僕は読者と会ったり、
電話をしたりすることはありません。

 

直接会ってファンを増やそうとしたり、
対面で商品を販売することもないです。

 

いつもメルマガに返信くれる人を
ご飯に誘うことはありましたけど、
それは純粋にその人に興味を持ったからです。

 

特にブロガーの交流会に行くこともないので、
仲がいいのは自由な起業家くらい。

 

 

それでもブログとメルマガを使って、
月に100万以上稼いでいますし、

熱いファンメッセージもたくさんいただけました。

 

 

直接サポートをしなくても、
お客さんに成長してもらえる仕組みを作っているので、

負担もほとんど0です。

 

 

読者と積極的に交流して、
大きく稼いでいる人の話を聞いてみると、

 

懇親会を頻繁に開いたり、

対面で商品を販売したり、

コミュニティを作ったり、

通話で何時間も相談に乗ったり、

一人一人サポートしたり、

 

かなりファン作りに時間を費やしている人が多いです。

 

 

それだけオフラインで活動すれば、

お金も稼げるだろうし、
ファンも作れるでしょう。

 

 

でも待てよと。

 

待ってくれよと。

 

 

僕らがやってるのは、

”ネット”ビジネス、ですよね。

 

 

その”ネット”の強みを全然活かせてねーやん!

って思うんですよ。笑

 

 

僕がやることといえば、
ブログとメルマガをのんびり更新するくらい。

 

 

特に誰かとコミュニケーションを取る必要もないので、
好きなときに好きな人とだけ関わっています。

 

 

肉体労働をしていたら自由になれない

 

最初だけコミュニケーションを取って、
実績を作ったりするのはありです。

 

ただ、それは肉体労働だと理解しておいてください。

 

 

収入を得るために労働をしないといけないなら、
稼げば稼ぐほど忙しくなり、
永久に自由から遠ざかってしまいます。

 

 

僕は元々ネットワークビジネスをしていましたが、

朝から晩まで電話や対面のアポをして、
毎週セミナー講師として登壇し、
月に数回の懇親会を開いていました。

 

 

自由になるどころか、
組織が増えれば増えるほど忙しくなり、
不労所得とは程遠い労働収入でした。笑

 

 

でも、ネットビジネスをやってる人にも、
このパターンにハマってる人が多くいます。

 

連鎖はしないけど、
人とコミュニケーションとって稼ぐのって、
活動内容はネットワークと同じですからね。笑

 

 

自由になりたくてネットビジネスを始めたのに、
不自由になってしまうのなら本末転倒です。

 

 

じゃあどうすればいいの?って話ですが、

自分が作る仕組みの中に、
労働を入れないことで解決できます。

 

 

仕組みに肉体労働を入れるな

 

僕みたいな自由な起業家もたくさんいるのですが、
自由な人にはみんな共通点があります。

 

それが、
自分が作るビジネスの仕組みに、
肉体労働を入れていないってことです。

 

 

例えば、外注さんを雇って、
SNSの運用を人に任せたり、

 

システムやツールを使って、
労働の部分の代わりにしたり、

 

営業が必要なビジネスなら、
営業をアウトソースしたり、
部下を育てたり。

 

 

とにかく労働を極限まで減らしています。

 

 

ネットビジネスも、
きちんとマーケティングを学べば、
自動化ができるし、

 

労働時間0で、月に100万も
現実的に可能な世界です。

 

 

肉体労働をしていると、
お金は稼げるかもしれませんが、
莫大な時間を失ってしまいます。

 

それも、来月も稼げるかわからない、
という不安を抱えながら、
ずっと労働することになるんです。

 

これって全然自由じゃないし、
あなたの理想じゃないですよね。

 

 

自由になるためには、
自動巻きで動いてくれる仕組みを
どんどん作っていった方が最終的に大きなお金が稼げます。

 

一時的に売り上げが下がったり、
負担が大きくなったとしても、

 

単発で100万稼ぐより、
長期的に20万を自動で生み出す仕組みの方が、
あなたの生活も心も安定するのではないでしょうか?

 

空いた時間で、
たっぷり休むこともできますしね。

 

 

人と会ったりやり取りしないと稼げないような
肉体労働型の起業家にならないように
気をつけてください。

 

”ネット”ビジネスの意味がないですからね!笑

 

 

一時的に結果を出すためにやるくらいで十分です。

 

ファンの獲得も商品販売も、
マーケティングを学べばどんどん自動化できるので、
その状態を目指してみてくださいね。

 

 

ビジネスを自動化していく
マーケティング戦略については
無料メルマガの方で詳しく話しているので、

興味がある人はそこから学んでみてください!

 

 

それでは!

 

無料でビジネスが学べる講座を配信しています

 

僕はビジネスを始めた初年度で
年商2000万以上を稼いでいます。

 

才能もなかったし何も取り柄がないことが
コンプレックスの人生を送ってきました。

 

今まで何も努力をしてこなかったし、
家も貧乏で友達も少ない、
本当にどうしようもないやつでした。

 

そんな僕が就職から逃れるために
ビジネスを始めたところ、
初月で30万円を稼ぎ
ビジネス1本で食っていけるようになりました、

 

ちょっと稼いで調子乗って
ダラダラしてしまったこともありますが、

 

今はビジネスに本気で取り組み、
戦略の立て方や
億万長者の思考法
お客さんに喜んでもらえるマーケティング
などを学び、

 

一生食っていけるスキルを
身につけることができました。

 

そんな経験から、
きちんと思考や知識を身につければば
誰でも起業家として思い通りの人生を
デザインできると確信しています。

 

僕の今年の目標は
「起業家を100人増やす」
というもので、

 

自分の作った仕組みだけで
食っていけるようになる人を
たくさん輩出したいと本気で思っています。

 

そうすると現状に不満を持つ人が減り
夢や希望に満ち溢れた人が増え
日本がもっと活気付くと思っているからです。

 

何よりもそんな仲間を増やして
世界中を飛び回れたら楽しいだろうな、と
今のうちからワクワクしています。

 

その思いから、
僕がどんな経緯をたどって
ビジネスで食っていけるようなったのか、

 

またあなたが今後どうすれば
ビジネス1本で生計を立てられるようになったのか、
自分の力だけで生きていくことができるのかを、
電子書籍の中で書いています。

 

→電子書籍『1ヶ月起業のすゝめ』を読んでみる

 

メールアドレスを入力するだけで受け取れます。

 

感想を送ってくれた方には
ささやかながら、
プレゼントも用意していますので

ぜひ受け取ってみてください。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。