こんにちははっしーです。

 

 

時間の使い方で自分の人生を

良くもできるし悪くできます。

 

 

お金は増やせますが時間は増やせません。

当たり前のことですが時間は自分の命

といっても過言ではありません。

 

 

特に自分でビジネスをする場合は

時間をどう使うかが超重要になります。

 

 

ネットビジネスをやっていると

作業をする選択肢がありすぎて、

 

 

一番時間を使うべきところに

時間を使えていなかったり、

 

何から手をつけていいか

わからなくなる時があります。

 

 

例えばネット上で仕組みを作っていく上で

何をしなければならないかというと、

 

ブログの記事の作成であったり

メルマガの配信用の記事を考えたり

SNSを育てたりLPを作ったり、です。

 

 

他にもやらないといけないことはありますが

どの作業をするにしても「まとまった時間」

を取ってやろうとしている人が多いです。

 

 

僕も昔は土日になったら作業しようとか

1、2時間時間が空いたら作業しよう

という風に考えていました。

 

 

でもよく考えたら1時間なんてなくても

5分あれば作業は進められます。

 

 

今僕がやっているのは

「時間を細分化する」ことです。

 

 

この考えを人から聞いた時は衝撃でした。

 

 

どんな風に細分化していくかというと

1分単位で自分のする作業を決めておく

という方法です。

 

 

これには時間に対しての捉え方が重要で、

1日休みがないと作業できないと思っている人は

1時間暇な時間があっても何もしようとしません。

 

1時間単位で時間を捉えている人は、

30分時間が空いても何かしよう、

という発想にならないのです。

 

 

実際に30分時間があれば

かなりできることの幅があります。

 

 

30分あればブログの記事が書けるし

音声学習もできるしツイートも10個以上作れる。

 

 

この時間に対しての捉え方は

完璧主義の人にはない考え方なので

衝撃なんじゃないでしょうか。

 

 

5分あれば何ができるかなー

って考える。

 

5分しかないと考えるか。

5分もあると考えるか。

 

この感覚の差は大きいです。

 

 

時間を細分化して考えられるようになると

1日の質が劇的に上がっていきます。

 

使える時間が意外と沢山あることに

気付くはずです。

 

 

隙間時間があれば何ができるか、

紙に書き出してみるのがオススメです。

 

 

やれることが思ったより

沢山出てくるはずです。

 

1分でもあれば動く。

 

この考えを持って

1日の時間の質を

上げていってもらえたらなと思います。

 

それではー!

 

 

無料でビジネスが学べる講座を配信しています

 

僕はビジネスを始めた初年度で
年商2000万以上を稼いでいます。

 

才能もなかったし何も取り柄がないことが
コンプレックスの人生を送ってきました。

 

今まで何も努力をしてこなかったし、
家も貧乏で友達も少ない、
本当にどうしようもないやつでした。

 

そんな僕が就職から逃れるために
ビジネスを始めたところ、
初月で30万円を稼ぎ
ビジネス1本で食っていけるようになりました、

 

ちょっと稼いで調子乗って
ダラダラしてしまったこともありますが、

 

今はビジネスに本気で取り組み、
戦略の立て方や
億万長者の思考法
お客さんに喜んでもらえるマーケティング
などを学び、

 

一生食っていけるスキルを
身につけることができました。

 

そんな経験から、
きちんと思考や知識を身につければば
誰でも起業家として思い通りの人生を
デザインできると確信しています。

 

僕の今年の目標は
「起業家を100人増やす」
というもので、

 

自分の作った仕組みだけで
食っていけるようになる人を
たくさん輩出したいと本気で思っています。

 

そうすると現状に不満を持つ人が減り
夢や希望に満ち溢れた人が増え
日本がもっと活気付くと思っているからです。

 

何よりもそんな仲間を増やして
世界中を飛び回れたら楽しいだろうな、と
今のうちからワクワクしています。

 

その思いから、
僕がどんな経緯をたどって
ビジネスで食っていけるようなったのか、

 

またあなたが今後どうすれば
ビジネス1本で生計を立てられるようになったのか、
自分の力だけで生きていくことができるのかを、
電子書籍の中で書いています。

 

→電子書籍『1ヶ月起業のすゝめ』を読んでみる

 

メールアドレスを入力するだけで受け取れます。

 

感想を送ってくれた方には
ささやかながら、
プレゼントも用意していますので

ぜひ受け取ってみてください。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。